竹久夢二『宵待草』詩碑

竹久夢二『宵待草』詩碑

千葉県銚子市海鹿島町(あしかじまちょう)にあるのが、竹久夢二『宵待草』詩碑。『宵待草』詩碑は、九十九里町の片貝漁港など、全国に数ありますが、ゆかりの地といえば、その筆頭が海鹿島。『宵待草』は、海鹿島海岸にひっそりと咲く宵待草によせて、わが身の悲恋をうたったものなのです。

竹久夢二の失恋で生まれた『宵待草』の詩

竹久夢二『宵待草』詩碑
オオマツヨイグサ

明治43年夏、竹久夢二(27歳)は、前年に離婚した岸たまき、2歳の息子・虹之助を伴い、銚子へ避暑を兼ねた旅行に出かけます。
文人たちの定宿でもあった海鹿島の宮下旅館に滞在しますが、隣家の三女、秋田出身の長谷川カタ(19歳)に出会い、恋心を寄せ君ヶ浜へと散歩に連れ出します。
翌年、この地を再訪した夢二は、長谷川カタが嫁いだことを知り(和歌山出身の音楽教師で作曲家の須川政太郎と結婚)、実らぬ恋を憂う気持ちが、『宵待草』を生み出したのです。

竹久自身の自筆記録では待宵草とも記されているので、宵待草は夕暮れに咲き、明け方にはしぼんでしまうマツヨイグサ、もしくはマツヨイグサ属の仲間だろうと推測されています。
銚子市によれば、「夕方浜辺に黄色い花を咲かせるオオマツヨイグサが『宵待草』にもっともふさわしいのですが、近年はコマツヨイグサやメマツヨイグサの方が多い」とのこと。

原詩は、明治45年6月1日付の雑誌『少女』(時事新報社)に発表され、ヴァイオリン奏者で作曲家・多忠亮(おおのただすけ)が詩に感動し曲を付け、大正7年にセノオ楽譜より竹久夢二の表紙画で出版され、曲も全国に広がっていきました。

海鹿島にある『宵待草』詩碑は、昭和46年に建立されたもの。
竹久夢二は読売新聞への連載の中で、数回訪れた銚子の風土や伝説を「涼しき土地」という題名で紹介しています。

『宵待草』原詩

遣る瀬ない釣り鐘草の夕の歌が 
あれあれ風に吹かれて来る待てど暮らせど来ぬ人を 
宵待草の心もとなき想ふまいとは思へども 
我としもなきため涙 
今宵は月も出ぬさうな

竹久夢二『宵待草』詩碑
名称 竹久夢二『宵待草』詩碑/たけひさゆめじ『よいまちぐさ』しひ
所在地 千葉県銚子市海鹿島町5240地先
電車・バスで 銚子電鉄海鹿島駅から徒歩10分
ドライブで 東関東自動車道佐原香取ICから約40km
問い合わせ 銚子市観光商工課 TEL:0479-24-8707
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
海鹿島駅

海鹿島駅

千葉県銚子市小畑新町にある銚子電鉄の駅が、海鹿島駅(あしかじまえき)。古くから避暑地としても人気だった海鹿島海岸の玄関駅で、関東最東端の駅(ホームに「関東最東端の駅」標柱も)。大正2年12月28日、 銚子遊覧鉄道の駅として開業した歴史ある駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ