醍醐寺『秋の夜間特別拝観』(紅葉ライトアップ)|京都市|2019

醍醐寺『秋の夜間特別拝観』

2019年11月15日(金)~12月1日(日)18:00~20:50(最終拝観受付20:10)、京都市伏見区の醍醐寺(だいごじ)で『秋の夜間特別拝観』(紅葉ライトアップ)が行なわれます。醍醐寺といえば豊臣秀吉の「醍醐の花見」で有名ですが、実は京都屈指の紅葉の名所。秀吉も秋の紅葉を楽しみに、この世を去ったのです。

秀吉が果たせなかった「醍醐の紅葉狩り」

醍醐寺『秋の夜間特別拝観』

広大な寺域があるので、見学できるエリアは伽藍のみと限られています。
仁王門をくぐった参道のモミジのトンネルは圧巻です。
さらに観音堂が建つ池周辺の「林泉」(りんせん)と呼ばれ、下醍醐で最もあでやかな紅葉のスポットです。
豊臣秀吉が設計した三宝院庭園のモミジも見事に色づきます。
紅葉するのはモミジ、ドウダンツツジなどで、例年の見頃は11月中旬~12月上旬。

ちなみに豊臣秀吉が諸大名を引き連れて行なった「醍醐の花見」は、慶長3年3月15日(1598年4月20日)で、その年の秋に「醍醐の紅葉(モミジ)狩り」を予定していましたが、その年の8月18日(西暦9月18日)に没していて実現していません。

醍醐寺『秋の夜間特別拝観』(紅葉ライトアップ)|京都市|2019
開催日時 2019年11月15日(金)~12月1日(日)18:00~20:50(最終拝観受付20:10)
所在地 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
場所 醍醐寺
関連HP 醍醐寺公式ホームページ
電車・バスで 地下鉄東西線醍醐駅から徒歩10分
ドライブで 名神高速道路京都東ICから約5km
駐車場 醍醐寺駐車場(100台/有料)
問い合わせ TEL:075-571-0002/FAX:075-571-0101
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
醍醐寺三宝院

醍醐寺三宝院

豊臣秀吉の「醍醐の花見」で知られる醍醐寺(だいごじ)の塔頭(たっちゅう)で、永久3年(1115年)、醍醐寺第14世座主勝覚(しょうがく)僧正が創建したのが現在の三宝院(当時は金剛輪院)。応仁の乱の戦火で焼失しますが、慶長3年(1598年)、

醍醐寺

醍醐寺

醍醐山一帯に広大な敷地を占める真言宗醍醐派の総本山が醍醐寺(だいごじ)。豊臣秀吉が開いた「醍醐の花見」で有名な寺です。醍醐とは仏の悟りや教えのこと。世界遺産「古都京都の文化財」の構成資産にもなっています。上醍醐にある准胝堂(じゅんていどう)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ