5月16日【今日は何の日?】

5月16日は松尾芭蕉が江戸深川の採荼庵(さいとあん)を出発、『奥の細道』の旅へ旅立った日。旧暦だと3月27日ですが、西暦に直して5月16日です。鳥居強右衛門磔(はりつけ)の日、また北村透谷(きたむらとうこく)の忌日も5月16日です。

旅の日

日本旅のペンクラブが制定。元禄2年3月27日(西暦1689年5月16日)、松尾芭蕉が江戸深川の採荼庵(さいとあん)を出発、『奥の細道』の旅へ旅立っています。
明け方、採荼庵(さいとあん)より舟に乗って出立し、千住大橋付近で船を下りて詠む。
「行く春や 鳥啼(なき)魚の目は泪」。
で、松尾芭蕉は、日本旅のペンクラブの副会長。会長は西行とのこと。
実は足立区と荒川区で、「芭蕉旅立ちの地」を巡っての論争があります。芭蕉が隅田川の南岸(荒川区側・こちらが当時の江戸)に降りて出発したのか、北岸(足立区側)に下船したのかが定かでないのです。
千住大橋の北詰の大橋公園内(足立区千住橋戸町)には「奥の細道矢立初の碑」、「千住宿奥の細道プチテラス」に矢立初の芭蕉像、荒川区側の南千住駅西口駅前広場に「芭蕉の銅像」が立てられています。

奥の細道・矢立初めの地碑

奥の細道・矢立初めの地碑

2022年5月21日
千住大橋

千住大橋

2020年7月11日

鳥居強右衛門磔(はりつけ)の日

天正3年5月16日(1575年6月24日)、長篠の戦いで、長篠城の包囲網を突破し、岡崎城へ援軍を求めに脱出。
帰城の際に、武田軍に見つかってしまい、援軍は来ないと叫べば助命するといわれますが、拒絶し、織田・徳川の援軍が来ることを城に向かって叫びます。
その武勇に武田の諸将からは助命嘆願もあったと伝えられますが、武田勝頼は磔を命じます。
「我が君の 命に替る玉の緒を
などいとひけん 武士(もののふ)の道」(辞世の句)

鳥居強右衛門磔死之碑

鳥居強右衛門磔死之碑

2020年3月11日

透谷忌

詩人で評論家の北村透谷(きたむらとうこく)は、明治元年に相模国足柄下郡(現在の小田原市浜町3-11-14)に誕生。
明治27年5月16日、芝公園の自宅の庭で首吊り自殺。
25歳5ヶ月の若さでした。
白金台にある瑞聖寺(黄檗宗)に葬られたが、昭和29年5月に小田原にある高長寺(小田原市城山1-23-2/曹洞宗)の北村家墓地に改葬されています。

5月16日生まれの有名人は?

アナウンサーの荒川強啓、歌手のジャネット・ジャクソン、レギュラー(お笑い)の松本康太、タレントの酒井彩名ほか。

5月16日の誕生花は?

ヤナギタンポポ、シャクヤク、モッコウバラ

明日は何の日? 昨日は何の日?

5月17日【今日は何の日?】

2015年5月4日

5月15日【今日は何の日?】

2015年5月3日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ