5月15日【今日は何の日?】

5月15日は、賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)の祭礼でもあり、京都三大祭のトップを切るのが『葵祭』。彰義隊(旧幕府軍)が上野の山に立て籠もり、官軍と戦った上野戦争、織田信長が安土城で徳川家康を饗応した日、五・一五事件(犬養首相暗殺)、ヨーグルトの日、『北越雪譜』で知られる鈴木牧之の忌日です。

葵祭(賀茂祭)

京都三大祭のトップを切るのが『葵祭』。賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)の祭礼で『賀茂祭』が正式名です。平安時代から続く歴史ある祭で、『源氏物語』にも斎王列を見物シーンが登場します。注目の斎王列は、御所を出発し、平安時代さながらの行列が下鴨神社・上賀茂神社へと進み、行列のすべてに葵の葉が飾られています。10:30頃京都御所を出発。

下鴨神社(賀茂御祖神社)

2017.12.21

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

2017.12.21

5月15日生まれの有名人は?

写真家の大竹省二、小説家で僧侶の瀬戸内寂聴、歌手の美川憲一、プロ野球の江夏豊、女優・長谷直美、タレント・大森うたえもん、ボクシングの辰吉丈一郎、スキーの岡部哲也、柔道の井上康生、俳優・藤原竜也、タレントの南明奈ほか。

5月15日の誕生花は?

わすれな草、カンパニュラ(ツリガネソウ)、サンダーソニア

上野戦争

慶応4年5月15日(1868年7月4日)、彰義隊(旧幕府軍)が上野の山に立て籠もり、薩長を中心とする官軍に対して抵抗を試みた上野戦争が勃発。
慶応4年3月13日(1868年4月5日)に薩摩藩の西郷隆盛と旧幕府陸軍総裁の勝海舟が会談し、江戸城の無血開城が決まりますが、彰義隊(旧幕府軍)は寛永寺を本営として立て籠もります。
新政府軍は長州藩の大村益次郎が指揮をとり、彰義隊の壊滅を目論み、上野の山は焼き尽くされてしまいます。
明治維新となって、寛永寺は10分の1に縮小し、寛永寺の境内は現在の上野恩賜公園になります。

寛永寺根本中堂

2018.02.01

上野恩賜公園

2018.01.22

織田信長、安土城で家康を饗応

天正10年(1582年)5月15日〜16日、織田信長が明智光秀に饗応(接待役)を命じ、武田勝頼討伐に功をなした徳川家康や穴山梅雪を安土城でもてなしています。
ところが、料理内容があまりに豪華だったせいか、はたまた準備段階で用意した魚が腐っていたためなのか、信長は激怒し、明智光秀の領地を没収。
新たな領地が欲しければ、自らで奪い取れと中国征伐に向かわせます。
これが、半月後、6月2日の本能寺の変へとつながります。
その時の料理のうち、5月15日の「おちつき膳、「晩御膳」が近江八幡市の安土城天主信長の館に展示されています。

安土城天主信長の館

2018.02.13

安土城跡

2018.02.13

鈴木牧之の忌日

江戸時代に記された雪国の百科事典ともいえる『北越雪譜』の著者・鈴木牧之(すずきぼくし)は、天保13年5月15日(1842年6月23日)没。
墓所は、故郷である現在の南魚沼市にある長恩寺。
南魚沼市の上越線塩沢駅近くには鈴木牧之記念館が建っています。

鈴木牧之記念館

2018.04.15

 

ヨーグルトの日

「免疫食細胞説」でノーベル賞を受賞したメチニコフ博士( Ilya Ilyich Mechnikov)の誕生日(1845年5月15日生まれ)で、明治乳業が制定。老化は腸内腐敗により加速されるという説を唱えました。彼の主張が正しかったことは、プロバイオティクスによって裏付けられています。

青春七五三

日本記念日協会が提唱する記念日。11月15日の「七五三」の半年後で、「七五三」から10年後の13歳・15歳・17歳にエールを送る日。大人へ成長する通過点として、社会性を身につけることも目的としています。

五・一五事件(犬養首相暗殺)

昭和7年5月15日、大日本帝国海軍の青年将校たちが総理大臣官邸に乱入し、内閣総理大臣犬養毅を殺害する事件が起こりました。
背景には昭和4年に勃発した世界恐慌、昭和6年の満州事変という世相があります。
護憲派で軍縮を支持する犬養首相を暗殺という、その後の軍国主義化を予見させるような出来事となりました。

明日は何の日? 昨日は何の日?

5月16日【今日は何の日?】

2015.05.14

5月14日【今日は何の日?】

2015.05.03

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ