千住大橋

千住大橋

東京都足立区(北岸)と荒川区(南岸)の間を流れる隅田川に架る国道4号(日光街道)の橋が千住大橋。文禄3年(1594年)、徳川家康の関東転封に伴い、隅田川に最初に架けられた橋がこの千住大橋です。現在の旧橋(国道4号北行)は関東大震災からの帝都復興で、昭和2年架橋。現存する最古のタイドアーチ橋となっています。

知られていませんが実は鉄道併用橋として開通

千住大橋
昭和3年〜昭和43年の間は中央に都電(東京市電)が走っていました

初代の千住大橋は、徳川家康が関東代官頭・伊奈忠次(いなただつぐ=三河国幡豆郡出身で、利根川東遷工事も担当)に架橋を命じ、橋は、翌年に、現在よりも約200m上流(渡裸川の渡しがあった場所)に完成、正保4年(1647年)、寛文6年(1666年)、天和4年(1684年)、享保3年(1718年)、宝暦4年(1754年)、明和4年(1767年)の計6回架け替えられています。
現在地に架け替えられたのは、明和4年(1767年)の架替えで。
慶長9年(1604年)、五街道の整備で、奥州街道、水戸街道の街道筋にもなっています。

近代には、明治19年に二重の太鼓橋様式の木橋が架けられましたが、関東大震災で失われ、震災復興事業の一環として、昭和2年にタイドアーチ橋が架橋されています。
設計は同じ隅田川の白鬚橋(しらひげばし)、大阪・淀川の十三大橋(じゅうそうおおはし)など、多くの美しい橋を残した増田淳(ますだじゅん)。
あまり知られていませんが、増田淳設計のこの旧橋は、鉄道併用橋。
千住大橋の架橋に伴い、昭和3年7月16日、東京市電(後の都電)が千住四丁目まで延伸したのです。
鉄道併用橋としての役割は、昭和43年2月24日、千住四丁目〜三ノ輪橋間の廃止で昔語りとなっています。

昭和48年、交通量増大のため、下流側に寄り添うように新橋が築かれ、国道4号の南行(上り線)に充当しています。

千住大橋は松尾芭蕉が『奥の細道』に旅立った地で、千住大橋北詰(足立区千住橋戸町)に矢立初めの句碑が立つ大橋公園があります。
元禄2年3月27日(1689年5月16日)、芭蕉は、江戸・深川から船に乗って隅田川を北上、「千住といふ所にて船をあが」り、そこで「矢立て初めの句」として知られる「行春(ゆくはる)や 鳥啼(なき) 魚の目は泪(なみだ)」を詠んでいます。
「千住といふところで船をあがれば」と記される千住は、現在の足立区・北千住か、はたまた荒川区・南千住なのかで、両区は「旅立ちの地」を巡って長年論争を展開しています。

足立区側の北詰には、「千住大橋御上り場」の案内板も配されていますが、この「御上り場」は、徳川将軍家の鷹狩の際に、江戸湾に臨む江戸城から舟で出て隅田川を遡り、千住に着岸し、小塚原、草加、竹ノ塚などの鷹狩りや小菅御殿へ向かったもの。

ちなみに千住(北千住)は、「大江戸八百八町」の北限(荻生徂徠『政談』)。
時代劇に登場する「江戸払」(えどばらい)というと、四宿(千住・板橋・品川・内藤新宿)以内と本所・深川(町奉行支配地)には立ち入るなということになったのです。

名称 千住大橋/せんじゅおおはし
所在地 東京都足立区千住橋戸町〜荒川区南千住
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
十三大橋

十三大橋

大阪市北区と淀川区の間を流れる淀川(河口から7km)に架る国道176号の橋が十三大橋。阪神間モダニズムを背景に、景観や細部にまでこだわった昭和7年に完成した美しいアーチ橋で、増田淳(ますだじゅん)の設計。下流側に新十三大橋が誕生したことで北

白鬚橋

白鬚橋

東京都荒川区、台東区・墨田区の間を流れる隅田川に架る歴史ある橋が白鬚橋(しらひげばし)。明治通りと通称される東京都道306号(王子千住夢の島線)の橋で、橋名は東岸の白鬚大明神(現・白鬚神社/墨田区東向島)に由来します。つまり、「ひげ」は、髭

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ