国際友好記念図書館

北九州市と中国・大連市の友好都市締結15周年を記念して平成6年に門司港レトロ地区に建てられたのが北九州市立国際友好記念図書館。建物はロシア帝国が1902年に大連に建設した東清鉄道汽船会社社屋(現在大連にある建物も往時の建物の複製/大連市中山区勝利街35)を模したものです。

門司港と大連港を結んだ歴史を今に伝える図書館

門司港と遼東半島にある都市、大連市はかつて国際航路で結ばれ交流が盛んでした。
そんな国際航路による友好の歴史を今に伝えるのが国際友好記念図書館。

当時、東清鉄道汽船の建物はドイツ人技師ブカリノフスキとユンヘンデルが設計したものが多く、この東清鉄道汽船会社も尖った三角屋根の尖塔が印象的なドイツ風のハーフティンバー様式(half timbering)。

1階には、大連市と仁川直轄市(韓国)を紹介するビデオコーナー、中華大連料理のレストラン「中国料理大連あかしあ」、2階は中国を中心とする東アジアや国際友好に関する図書が中心の図書館、3階は大連市の資料を展示するコーナーがあります。

国際友好記念図書館 DATA

名称 国際友好記念図書館/こくさいゆうこうきねんとしょかん
所在地 福岡県北九州市門司区東港町1-12
関連HP 門司港レトロ倶楽部公式ホームページ
電車・バスで JR門司港駅から徒歩3分
ドライブで 関門自動車道門司港ICから約2.3km
駐車場 250台(門司港レトロ駐車場)/有料、海峡プラザの店舗での購入で割引あり
問い合わせ TEL:093-331-5446/FAX:093-331-5428
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ