北原白秋生家

北原白秋生家

『からたちの花』、『雨ふり』などの詩集で有名な北原白秋(きたはらはくしゅう)は、明治18年1月25日(戸籍は2月25日)に山門郡沖端村石場五五番地(現・柳川市沖端町55)の海産物問屋に生まれ、明治37年(20歳)まで柳川で過ごしています。母屋を昭和44年に修復し、北原白秋生家として保存しています。

柳川市に残る生家の母屋を保存

北原白秋生家

藩政時代には柳川藩御用達の海産物問屋で、柳川でも一、二を争う豪商だったという生家は、明治34年に大半を焼失。
店先には酒樽がずらりと並んでいるのは、枡で計り売りをする酒造業を営んでいたから。
最盛期には毎年3000石の酒を醸していたのだとか。

昔懐かしい土間には白秋の遺品や著書が飾られ、白秋が勉強部屋として使っていたという大きな離れの書斎からは、裕福だった子供時代を伺い知ることができます。
隣接して「北原白秋記念館」が立っています。
矢留小学校(旧矢留尋常小学校)は北原白秋が通った小学校。
なお北原白秋の墓所は多磨霊園(東京都府中市)にあります。

なお、柳川市では毎年1月25日に『白秋生誕祭』が行なわれています。

名称 北原白秋生家/きたはらはくしゅうせいか
所在地 福岡県柳川市沖端町55-1
関連HP 北原白秋記念館公式ホームページ
電車・バスで 西鉄柳川駅から南筑交通バス沖ノ端行きで15分、御花前下車、徒歩5分
ドライブで 九州自動車道みやま柳川ICから約11km
駐車場 柳川市白秋観光駐車場(40台/有料)
問い合わせ TEL:0944-72-6773
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
北原白秋記念館

北原白秋記念館

日本を代表する詩人、北原白秋は明治37年、20歳で上京するまでを現在の福岡県山門郡沖端村(現・福岡県柳川市)で過ごしています。少年時代、母方の叔父や出入り商人から内外の物語や珍しい話を聞き、文学への憧れを募らせていったといわれています。北原

白秋生誕祭

白秋生誕祭|柳川市

毎年、詩聖・北原白秋の誕生日である1月25日には、その生誕を祝うとともに偉業を偲ぶ『白秋生誕祭』がゆかりの地、福岡県柳川市で開催されます。白秋の遺影を飾った大八車を先頭に、北原白秋の母校である矢留小学校の5年生がマーチング演奏を披露しながら

白秋祭水上パレード

白秋祭水上パレード|柳川市|2019

2019年11月1日(金)〜11月3日(日)、福岡県柳川市で『白秋祭水上パレード』が行なわれます。詩聖・北原白秋は、昭和17年11月2日に没(11月2日は白秋忌)で、故郷の柳川市では命日を挟んで『白秋祭水上パレード』を開催。柳川橋河畔~沖端

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ