豊前国府政庁跡(豊前国府跡公園)

豊前国府政庁跡(豊前国府跡公園)

京築地域(けいちくちいき=北九州地方の南東側)は、豊の国といわれた古代から畿内と九州、大陸とを結ぶ交易の要衝。7世紀末〜8世紀初頭には、豊の国が周防灘に面する豊前と豊後に分割されています。豊前の国府が置かれた場所は長い間謎に包まれていましたが、発掘調査で豊前国府政庁跡が判明し、豊前国府跡公園として整備されています。

ここが古代の豊前国の中心地

昭和59年から、福岡県みやこ町国作・惣社地区で行なわれた発掘調査によって、8世紀〜13世紀の遺構が出土、豊前国府政庁跡と認められています。
一帯は豊前国府跡公園として整備され、公園内には11世紀前半~12世紀前半の政庁の基礎部分を復元しているほか、古来の工法(版築)によって築かれた築地塀を一部復元。

8世紀前半には、宇佐神宮(豊前国一之宮)が建立され、豊前国府は大宰府と宇佐神宮を結ぶ大宰府官道、京と宇佐神宮を結ぶ勅使道の沿線にあたっていました。

政庁を中心に南北650m、東西490mの範囲が国府域と推測され、政庁の300m南方に大宰府官道が通っていました。
政庁の北側と西側は「万葉歌の森」として整備され12基の万葉歌碑が立っています。
豊前国府跡に隣接する惣社八幡神社は、豊前国の総社。

豊前国府政庁跡(豊前国府跡公園) DATA

名称 豊前国府政庁跡(豊前国府跡公園)/ぶぜんこくふせいちょうあと(ぶぜんこくふあとこうえん)
所在地 福岡県京都郡みやこ町国作450-1・2
関連HP みやこ町公式ホームページ
ドライブで 椎田道路終点の徳永交差点から約1.5km
駐車場 30台/無料
問い合わせ みやこ町教育委員会 TEL:0930-33-4666
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
豊前国分尼寺跡

豊前国分尼寺跡

2018年10月14日
豊前国分寺跡

豊前国分寺跡

2018年10月14日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ