第48回北海へそ祭り(富良野市)

北海道のどまんなか、へそに位置することにちなみ、誕生した祭りが『北海へそ祭り』。祭りの中心は何と言っても、おもしろおかしな「へそ踊り大会」(両日とも19:00〜20:00)。お腹にユーモラスな絵を描いた人びとが通りを練り歩きます。

飛び入り参加OK! 自慢のお腹をお披露目しよう!

「いわゆる出腹のほうがいろんな表情が出せるんです。健康志向で、近年は立派なお腹が減ったのが残念。『北海へそ踊り大会』は両日とも飛び入り参加OKです。自慢のお腹を思いっきり見せてください」と祭り関係者。

北海へそ祭り

北海道StyleMEMO/北海道のへそ

富良野市民憲章の中に「私達は北海道の中心標の立つ富良野市民です」という一文がある。
富良野の開拓が始まってわずか数年後の大正3年、京都帝国大学理学部教授・新城蔵博士ら一行が地球重力の測定、天文観測、経緯度測定のため機械を据え付けた地が現在の中心標公園(通称へそ公園)。
富良野小学校校庭の一角にある公園で、中心標というのは「北海道中央緯度観測標」というのが正式な名称。

北海道のへそ

北海へそ祭り(富良野市) DATA

開催日 2016年7月28日(木)~7月29日(金)
開催時間 北海へそ祭りプログラムを参照して下さい
所在地 北海道富良野市
場所 富良野市新相生通り特設会場
地図
電車・バスで JR富良野駅から徒歩5分
駐車場 臨時駐車場(スポーツセンター、富良野図書館、富良野小学校、パーラー太陽)/無料
問い合わせ 北海へそ祭り実行委員会TEL:0167-39-2312
公式HP http://www.furano.ne.jp/hesomatsuri/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ