大井宿

大井宿

岐阜県恵那市の恵那市街地にある中山道の宿場が大井宿。大井宿は中山道六十九次のうち、江戸から数えて46番目の宿場町。美濃十六宿では、もっとも賑わった宿場です。大井宿・本陣跡は、堂々たる正門と樹齢300年を超える老松が、昔を偲ばせています。

本陣の正門と老松に往時を偲ぶ

JR恵那駅前を東西に通る旧中山道を東方(信州・江戸方面)へ歩くと中山道の浮世絵陶板がはめこまれた大井橋が架かり、橋を渡ると古い宿場町が残されています。
文化2年(1805年)刊行の『木曽路名所図会』にも、大井橋が大きく描かれています。
町並みは大井橋から上宿の高札場(復元されています)までの6町半(870m)で、直角に屈曲する枡形(ますがた)が6ヶ所と多いのが特徴。

宿場の北の外れ、菅原神社近くには大井宿石仏群があります。
中山道と岩村街道との分岐点に建ち、大井宿の有力な商家であった「ひし屋」(古山家)は現在「中山道ひし屋資料館」として公開され、見学が可能。
また恵那駅の南には中山道広重美術館があります。

大井宿〜大湫宿(おおくてじゅく/瑞浪市)区間の中山道は未舗装区間など、往時の道が残される場所もあり、散策にも絶好です。

画像協力/恵那市観光協会

『木曽路名所図会』大井橋
『木曽路名所図会』に描かれる大井橋
大井宿
名称 大井宿/おおいしゅく
所在地 岐阜県恵那市大井町
関連HP 恵那市公式観光サイト
電車・バスで JR恵那駅から徒歩10分
ドライブで 中央自動車道恵那ICから約1kmで市営恵那駅西駐車場
駐車場 市営恵那駅西駐車場(100台/30分まで無料、以降有料)
問い合わせ 恵那市観光協会 TEL:0573-25-4058
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
中山道広重美術館

中山道広重美術館

岐阜県恵那市にある歌川広重の浮世絵を収蔵展示する公立美術館が中山道広重美術館。恵那市内在住の実業家・田中春雄氏から寄贈された歌川広重のコレクションを中心に、広重が円熟期に中山道を描いた『木曽街道六拾九次之内』、歌川国芳による『木曽街道六十九

中山道ひし屋資料館

中山道ひし屋資料館

岐阜県恵那市、中山道(なかせんどう)の美濃十六宿でもっとも賑わった宿場、大井宿の商家「ひし屋」(菱屋=古山家)の住宅を資料館として再生したのが中山道ひし屋資料館。現存する建物は明治初年に改築されていますが、大井宿では街道時代の貴重な遺構とな

大湫宿

大湫宿

岐阜県瑞浪市(みずなみし)、慶長19年(1604年)、徳川幕府によって設けられた中山道(なかせんどう)の江戸から数えて47番目の宿場が大湫宿(おおくてじゅく)。美濃十六宿のひとつ。宿の町並みは十三峠西端の寺坂を下りた北町から、白山町、中町、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ