中山道ひし屋資料館

中山道ひし屋資料館

岐阜県恵那市、中山道(なかせんどう)の美濃十六宿でもっとも賑わった宿場、大井宿の商家「ひし屋」(菱屋=古山家)の住宅を資料館として再生したのが中山道ひし屋資料館。現存する建物は明治初年に改築されていますが、大井宿では街道時代の貴重な遺構となっています。

中山道大井宿の商家「ひし屋」を再生

17代続いた古山家(ふるやまけ)は、江戸時代中期以降、大井村の庄屋を務めた家柄で、穀物、小間物、反物、塩の販売と酒造りで財を成し、明治維新後は郵便取扱役、恵那郡役所掛屋(銀行)に任命された宿場を代表する名家。
建物内の展示室では、中山道、大井宿、ひし屋の3つのコーナーで、『中山道分間延絵図』の妻籠宿(つまごしゅく)、馬籠宿(まごめしゅく)、落合宿、中津川宿、大井宿、大湫宿(おおくてじゅく)の6宿や商家「ひし屋」関連の資料を展示しています。

画像協力/恵那市観光協会

中山道ひし屋資料館
名称 中山道ひし屋資料館/なかせんどうひしやしりょうかん
所在地 岐阜県恵那市大井町60-1
関連HP 恵那市公式ホームページ
電車・バスで JR恵那駅から徒歩10分
ドライブで 中央自動車道恵那ICから約2km
駐車場 市営恵那駅西駐車場(100台/30分無料、以降有料)
問い合わせ 中山道ひし屋資料館 TEL:0573-20-3266/FAX:0573-20-3266
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
中山道広重美術館

中山道広重美術館

岐阜県恵那市にある歌川広重の浮世絵を収蔵展示する公立美術館が中山道広重美術館。恵那市内在住の実業家・田中春雄氏から寄贈された歌川広重のコレクションを中心に、広重が円熟期に中山道を描いた『木曽街道六拾九次之内』、歌川国芳による『木曽街道六十九

大井宿

大井宿

岐阜県恵那市の恵那市街地にある中山道の宿場が大井宿。大井宿は中山道六十九次のうち、江戸から数えて46番目の宿場町。美濃十六宿では、もっとも賑わった宿場です。大井宿・本陣跡は、堂々たる正門と樹齢300年を超える老松が、昔を偲ばせています。本陣

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ