中山道広重美術館

中山道広重美術館

岐阜県恵那市にある歌川広重の浮世絵を収蔵展示する公立美術館が中山道広重美術館。恵那市内在住の実業家・田中春雄氏から寄贈された歌川広重のコレクションを中心に、広重が円熟期に中山道を描いた『木曽街道六拾九次之内』、歌川国芳による『木曽街道六十九次之内』など、約700点を収蔵展示する美術館。

歌川広重、歌川国芳の浮世絵芸術に触れる

中山道六十九次のうち、江戸から数えて46番目の宿場町・大井宿が現在の恵那市大井町。
JR恵那駅前を東西に通る旧中山道近くに建つのが中山道広重美術館です(大井町本陣跡へは徒歩10分)。

中山道広重美術館では、浮世絵版画を中心に、「広重」と「木曽街道(中山道)」をテーマに、屏風や掛軸なども展示され、毎月展示内容が替わる企画展も開催。

2階にはパネルや映像などを用い、浮世絵について楽しく学べる「浮世絵ナビルーム」などもあり、浮世絵美術の知識を深めることも可能です。

「浮世絵ナビルーム」の「浮世絵の重ね摺り体験コーナー」は、版木を模した樹脂製の版材に、スタンプインクを絵の具として用い、バレンで実際に摺り重ねてはがきサイズの3色または6色摺り(図柄は『名所江戸百景』亀戸梅屋舗や2代広重『諸国名所百景』尾州名古屋真景など)、ほぼ原寸大B4サイズの5色摺り(図柄は『木曽海道六拾九次之内』大井、葛飾北斎『冨嶽三十六景』神奈川沖浪裏など)を制作する人気のコーナーになっています(無料)。

オリジナルグッズや図版、図録が揃うミュージアムショップは外来での利用も可能。

中山道広重美術館
名称 中山道広重美術館/なかせんどうひろしげびじゅつかん
所在地 岐阜県恵那市大井町176-1
関連HP 中山道広重美術館公式ホームページ
電車・バスで JR恵那駅から徒歩3分
ドライブで 中央自動車道恵那ICから約1.5km
駐車場 ナカオ駐車場/美術館利用の場合1時間30分まで無料で駐車可能、恵那駅西市営駐車場も美術館利用の場合1時間30分までの駐車券あり
問い合わせ 中山道広重美術館 TEL:0573-20-0522/FAX:0573-25-0322
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大井宿

大井宿

岐阜県恵那市の恵那市街地にある中山道の宿場が大井宿。大井宿は中山道六十九次のうち、江戸から数えて46番目の宿場町。美濃十六宿では、もっとも賑わった宿場です。大井宿・本陣跡は、堂々たる正門と樹齢300年を超える老松が、昔を偲ばせています。本陣

中山道ひし屋資料館

中山道ひし屋資料館

岐阜県恵那市、中山道(なかせんどう)の美濃十六宿でもっとも賑わった宿場、大井宿の商家「ひし屋」(菱屋=古山家)の住宅を資料館として再生したのが中山道ひし屋資料館。現存する建物は明治初年に改築されていますが、大井宿では街道時代の貴重な遺構とな

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ