霞間ヶ渓

霞間ヶ渓(かまがたに)は岐阜県池田町の池田山を源とする渓谷で、自生するヤマザクラをはじめ、ソメイヨシノ、シダレザクラなど1500本の桜が咲く桜の名所。「霞間ヶ渓」の名は、渓谷を彩る桜の花がまるで霞のように見えることから名づけられたとの説があります。
霞間ヶ渓の桜は国の名勝・天然記念物、「日本さくら名所100選」に選定。

山にかかる霞のように桜の咲く場所

古くは近隣の村々により草木の伐採が繰り返され、たびたび土砂崩れなどの災害を起こしていたので、江戸時代に大垣藩が山林保護のために草木の伐採を禁じた頃からヤマザクラが自生し、天保年間(1830~1840)にはすでに桜の名所となっていたと伝えられています。
その後、積極的な桜の植樹も行なわれ、見事な桜の谷となったのです。

渓谷へは霞間ヶ渓公園から遊歩道を歩いて10分ほど。
桜の見頃は、例年3月下旬〜4月上旬。
 

霞間ヶ渓 DATA

名称 霞間ヶ渓/かまがたに
所在地 岐阜県揖斐郡池田町藤代地内
関連HP http://www.town.gifu-ikeda.lg.jp/
電車・バスで 近鉄池野駅から徒歩35分
ドライブで 東海環状自動車道大垣西ICから約9.3km(17分)
駐車場 150台/無料
問い合わせ 池田町産業課TEL:0585-45-3111

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ