広瀬川美術館

広瀬川美術館

群馬県前橋市を流れる広瀬川の河畔、厩橋(うまやばし)近くに建つのが広瀬川美術館。昭和23年築の木造2階建ての建物は、郷土出身の画家で二紀会審査委員・近藤嘉男(こんどうよしお)氏の自宅兼アトリエだったもので、平成9年に美術館として一般公開されています。建物は、国の登録有形文化財に指定。

建物は国の登録有形文化財に指定

昭和23年、自宅兼アトリエとして開設し、大人絵画教室「生活造形実験室」、子供絵画教室「ラ・ボンヌ」など市民が芸術に親しむ活動も行なわれていました。
昭和24年には安井曽太郎、梅原龍三郎ら一流画家の作品を展示する『第1回全日本現代大家洋画展』を開催し、注目を浴びています。

インターナショナルスタイル(International Style= 国際様式)を意識した建物は、戦後の建物としては日本初の国の登録有形文化財に指定(登録名は「旧近藤嘉男アトリエ及び絵画教室ラ・ボンヌ」)。
窓から広瀬川を望む館内には、「近藤嘉男の世界」として収蔵作品が展示されています。

平成20年にリニューアルされた後には、多目的ホールが増設され、ゼンマイ仕掛けの大型蓄音機(『青い山脈』、『長崎の鐘』、『からたち日記』、『有楽町で逢いましょう』、『りんごの唄』、『湯の町エレジー』78回転のSPレコード=78sを使用)が置かれるなど、音楽と美術を融合した発信地になっています。

広瀬川美術館
名称 広瀬川美術館/ひろせがわびじゅつかん
所在地 群馬県前橋市千代田町3-3-10
関連HP 広瀬川美術館公式ホームページ
電車・バスで 上毛電鉄中央前橋駅から徒歩10分。JR前橋駅から徒歩25分。JR前橋駅から関越交_バス渋川方面行きで10分、千代田町3丁目下車、すぐ
ドライブで 関越自動車道前橋ICから約5km
駐車場 12台/無料
問い合わせ 広瀬川美術館 TEL:027-231-7325
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
萩原朔太郎記念館

萩原朔太郎記念館

群馬県前橋市を流れる広瀬川の河畔緑地に建つのが萩原朔太郎記念館(はぎわらさくたろうきねんかん)。生家(現・前橋市千代田町2-1-17)にあった土蔵、生家の裏庭にあった書斎、離れ座敷を移築、復元したもの(敷島公園内から再移築し、平成29年に河

前橋文学館

前橋文学館

「水と緑と詩のまち」前橋市を流れる広瀬川の河畔に建つのが前橋文学館。口語自由詩を確立した萩原朔太郎(はぎわら さくたろう)を中心に、平井晩村、高橋元吉、萩原恭次郎、伊藤信吉ほか多くの詩人を輩出した前橋は「近代詩のふるさと」。朔太郎展示室には

広瀬川河畔緑地

広瀬川河畔緑地

群馬県前橋市の中心部を流れる広瀬川のほとりに整備された、緑あふれる緑地で、広瀬川河畔緑地緑道が整備されています。広瀬川は利根川水系の一級河川で、江戸時代に灌漑用水として整備され、農林水産省選定の「疎水百選」のひとつ。「水と緑と詩のまち前橋」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ