ロックハート城

ロックハート城

群馬県吾妻郡高山村、高山村を東西に横断する国道145号(日本ロマンチック街道)沿いに移築復元されたスコットランドの古城を中心とするテーマパークが、ロックハート城。1829年にスコットランドのエディンバラ建てられたロックハート城を美しいロケーションのなかに移築、復元したもの。

「石屋の石頭」が生み出した、ロックハート城実物の移築

ロックハート城

エジンバラの南西50kmの地に建っていたウィリアム・ロックハートの居城、ロックハート城。
昭和63年、膨大な資材を30個のコンテナに積み込み、シベリア鐵道を経由し日本に運び、高山村に復元。
ヨーロッパの古城移築・復元は日本で初のことで、これを実現させたのが総合石材業、サンポウ(沼田市)の創業者で会長でもある平井良明氏。
俳優・津川雅彦の購入した古城を譲り受け(ロックハート城を北海道に移築する計画が頓挫していました)、高山村に移築し、平成5年4月6日(城の日)、大理石村ロックハート城として開園。
「日本で、本物の石の文化を感じてもらいたい」との思いで実現した施設は、「小さくてもユニークで、末永く愛されるテーマパーク」がモットーなのだとか。

ロックハート城の内部には往時の優雅なインテリアが再現されるほか、俳優・津川雅彦氏の集めたサンタクロースを展示する世界のサンタミュージアム「父と子とサンタと愛の物語」、ロックハート城ゆかりの英国の文豪サー・ウォルター・スコットの初版本や城に関する書物を納めた「世界の城ライブラリー&主の部屋」、200体のテディーベア・コレクションルーム「テディーの家」、コスチュームジュエリーを展示する「ジュエリーコレクション」、ロックハート城をロケなどで訪れた俳優、ミュージシャンなどのサインを展示する「サインギャラリー」、香水を集めた「香水の部屋」、セントローレンス教会、ウエディングギャラリー、ヨーロッパの直輸入商品を扱うギャラリーショップなどがあります。

城の周辺には恐竜の化石に触れることができる博物館「ストーンアカデミー&石ころミュージアム」、天然水の泉「恋人の泉」、カップルに人気の「スプリングベル&恋人の泉」(ロックハート城は「恋人の聖地」認定)、セント・ローレンス教会などが配され全体がヨーロッパの城下町のような雰囲気になっています。

食事は、ロックハート城正面に位置する半円形野外レストラン「ビックハート」、オープンカフェテラスでペット同伴OKの「パトリシア」が利用可能。
ペット同伴(ペット入場料無料)がOKの施設が多いのも、ヨーロッパ的で、「わんちゃんの ドレス体験」なども用意されているので、古城をバックに優雅な写真を撮影することができます。

ロックハート城
名称 ロックハート城/ろっくはーとじょう
所在地 群馬県吾妻郡高山村中山5583-1
関連HP ロックハート城公式ホームページ
電車・バスで JR沼田駅から関越交通バス中山本宿行きで20分、ロックハート城前下車すぐ
ドライブで 関越自動車道沼田ICから約11km
駐車場 500台/無料
問い合わせ ロックハート城 TEL:0279-63-2101/FAX:0279-63-3514
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ