県立ぐんま昆虫の森

県立ぐんま昆虫の森

群馬県桐生市(きりゅうし)にある県立の施設が県立ぐんま昆虫の森で、45haの敷地に雑木林ゾーン、水田ゾーン、桑畑ゾーン、冨士山沼ゾーンなどに分かれた里山を再現。自然環境に近い状態で多種にわたる昆虫を飼育し、昆虫を探し、手に取り、その生態をじっくり観察することが可能。ガラス張りの生態温室は建築家・安藤忠雄の設計。

日本最大級の蝶・オオゴマダラが飛び交う

県立ぐんま昆虫の森

昆虫観察館本館には「昆虫のすばらしい世界」、「里山の昆虫たち」の展示室と昆虫ショーやクラフト体験などが楽しめる「ワークショップフロア」があり、一年を通して里山の生きものや世界の昆虫を観察できます。
亜熱帯の植物が生い茂る「昆虫ふれあい温室」では、日本最大級の蝶・オオゴマダラが飛び交っています。
また、昆虫グッズの品揃えは国内最大級という「ミュージアムショップ」もファミリーには人気です。
毎週土・日曜、祝日にはチョウ飼育室見学ツアーも実施(昆虫観察館2階で受付)。

園内では虫取り体験もできますが、捕まえた虫は観察した後には元の場所に戻すのが決まり。
夏の雑木林では、カブトムシが観察できますが、こちらも持ち帰ることはできません。

1870年代に建てられた歴史あるかやぶき民家では里山生活体験が可能。

入園する日時が決まったら、公式ホームページで体験プログラムの日程の確認を(逆に、体験プログラムの日程から出かける日を決めるのがおすすめです)。

オオゴマダラ
オオゴマダラ
名称 県立ぐんま昆虫の森/けんりつぐんまこんちゅうのもり
所在地 群馬県桐生市新里町鶴ケ谷460-1
関連HP 県立ぐんま昆虫の森公式ホームページ
電車・バスで 東武鉄道赤城駅・上毛電鉄新里駅から徒歩30分。または、タクシーで10分
ドライブで 北関東自動車道伊勢崎ICから12km。関越自動車道赤城ICから約28km
駐車場 350台/無料
問い合わせ 県立ぐんま昆虫の森 TEL:0277-74-6441/FAX:0277-74-6466
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ