漆器蔵会津野

漆器蔵会津野

「蔵のまち喜多方」で有名な、福島県喜多方市にある嘉永年間(1848年〜1855年)創業の漆器店が北見八郎平商店。その北見八郎平商店直営の漆器店が漆器蔵会津野です。店内の重厚な観音扉をくぐると漆器のギャラリーのような蔵座敷で、2階は「漆器参考館」になっています。

コーヒーカップなど、普段使いの漆器を購入

1階では、椀はもちろんのこと、コーヒーカップなど、使いやすさを考えた普段使いの漆器類のほか、アクセサリー・小物を販売。
普段遣いの漆器は、塗が剥げないことなどが要求されるため、漆器蔵会津野で販売される品々には「強度を高めるための様々な技が込められている」のだとか。
ファミリーなら子供用の万能お箸、子供用の漆器にも注目を。

喜多方市内の小学校で学校給食に利用されている「喜多方給食椀」など手軽で日常使いの漆器も豊富に揃っているので、漆器に興味があるならぜひとも立ち寄りを。

戦国時代末期の天正18年(1590年)、豊臣秀吉の伊達政宗の監視体制を強化するための奥州仕置(おうしゅうしおき)で、会津に入った蒲生氏郷(がもううじさと)は、鶴ヶ城を築城し、城下町を整備するとともに、故郷の近江国蒲生郡日野(現・滋賀県蒲生郡日野町)から木地師や塗師を呼び寄せ、産業として漆工芸を奨励。
会津藩の発展の礎のひとつとして漆工芸を選んだことが、会津塗の発展につながりました。

なかでも、北見八郎平商店のある旧塚原村(現・喜多方市菅原町)は、塚原椀と称するほどの塗椀の産地でした。
2階の「漆器参考館」には、漆器製造に使う道具類なども展示されています。

「珈琲蔵ぬりの里」も併設しているので、塗のカップでのコーヒーブレイクも可能。

漆器蔵会津野
名称 漆器蔵会津野/しっきぐらあいづの
所在地 福島県喜多方市天満前8919-1
関連HP 北見八郎平商店公式ホームページ
電車・バスで JR喜多方駅から徒歩6分
ドライブで 磐越自動車道会津若松ICから約16.5km。または、会津坂下ICから約18.1km
駐車場 17台/無料
問い合わせ 漆器蔵会津野 TEL:0241-22-0711/FAX:0241-25-7789
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
珈琲蔵ぬりの里

珈琲蔵ぬりの里

「蔵のまち喜多方」で有名な、福島県喜多方市にある嘉永年間(1848年〜1855年)創業の漆器店が北見八郎平商店。北見八郎平商店が営む蔵造りの喫茶店が珈琲蔵ぬりの里で、漆器の普段使いを提案するアンテナショップにもなっています(隣接してショップ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ