珈琲蔵ぬりの里

珈琲蔵ぬりの里

「蔵のまち喜多方」で有名な、福島県喜多方市にある嘉永年間(1848年〜1855年)創業の漆器店が北見八郎平商店。北見八郎平商店が営む蔵造りの喫茶店が珈琲蔵ぬりの里で、漆器の普段使いを提案するアンテナショップにもなっています(隣接してショップの「漆器蔵会津野」があります)。

普段使いの漆器をまずは試してみる!

普段使いで、強度のある漆器を提供する北見八郎平商店。
店で出されるコーヒー椀や郷土料理の食器はもちろん、自慢の漆器。

トアルコトラジャベースの「蔵コーヒー」のほか、ホタテのだしが効いた会津地方の郷土料理「こづゆ」と餅3品が漆器の膳にのって出される「田舎もち」などを味わうことができます。
自家製小倉餡のパンケーキ「お蔵ケーキ」と「蔵コーヒー」のセットも用意。

珈琲蔵ぬりの里
名称 珈琲蔵ぬりの里/こーひーぐらぬりのさと
所在地 福島県喜多方市天満前8919-1
関連HP 北見八郎平商店公式ホームページ
電車・バスで JR喜多方駅から徒歩6分
ドライブで 磐越自動車道会津若松ICから約16.5km。または、会津坂下ICから約18.1km
駐車場 17台/無料
問い合わせ 珈琲蔵ぬりの里 TEL:0241-22-0711
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
漆器蔵会津野

漆器蔵会津野

「蔵のまち喜多方」で有名な、福島県喜多方市にある嘉永年間(1848年〜1855年)創業の漆器店が北見八郎平商店。その北見八郎平商店直営の漆器店が漆器蔵会津野です。店内の重厚な観音扉をくぐると漆器のギャラリーのような蔵座敷で、2階は「漆器参考

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ