亀屋本店(山崎家住宅)

亀屋本店(山崎家住宅)

埼玉県川越市、川越市川越伝統的建造物群保存地区に選定される蔵造りの町並み(川越一番街商店街)にある商家で、老舗の和菓子店が、亀屋本店(山崎家住宅)。浅間山が噴火した天明3年(1783年)の創業(初代は信州中野の出身)で、現存する店蔵は、明治27年、5代目・山崎嘉七の建築。

川越大火直後に建てられた豪商の店蔵が現存

明治26年3月17日に発生した川越大火(川越町の全戸数3315戸のうち、1302戸を焼失)後に防火建築として建てられた店蔵。
1年の歳月と、総工費1万111円50銭9厘(現在の貨幣価値で2億円)を費やし完成させた店舗が、現存する亀屋本店です。
山崎家は川越藩の御用商人時代からの川越屈指の豪商。
明治11年12月17日に川越の豪商たちが集まって設立した第八十五国立銀行の発起人にも、4代目・山崎嘉七(山崎豊)が名を連ね、明治33年には、埼玉県内初の商工会議所となる川越商業会議所(現在の川越商工会議所)の初代会頭に就任しています。

5代目の嘉七が襲名したのは明治16年、弱冠14歳のときで、10年後、24歳のときに川越大火に遭遇し、店の再建に乗り出しています。
大火にもめげず、明治31年にはさつま芋の新品種「紅赤」を使った芋煎餅「初雁焼」を考案。
さらに「初雁城」、「初雁糖」、「初雁霰」を開発し、進取の気性から洋菓子の製造販売を開始しています。
現在の「三つ亀甲」を商標登録し、昭和2年に6代目に譲っています。

現在、川越市が管理する旧山崎家別邸(国の重要文化財)は、5代目・山崎嘉七の隠居所として建てられた建物です。

明治時代の川越は、埼玉随一の商都として発展し、しかも人口も最大を誇っていました。
職人の技術力と山崎家を財力を結集させた蔵は、2階部分の重厚な観音扉にも表れています。
この扉、閉めれば完全に密閉されるという耐火構造で、窓の下にはの火災時に人が立ち、密閉性を高めるため扉の目地に土などを塗りこめるための目塗台(めぬりだい)が設置されています。
店蔵の脇には重厚な袖蔵も設けられ、いかに豪商だったのかがよくわかります。

昭和57年には店舗裏の旧工場跡地(川越市芳野台に新工場建設)を利用し、4代目・山崎嘉七(山崎豊)生誕150周年を記念して「山崎美術館」(公益財団法人山崎美術館)を開館しています。

人気の「亀の最中」は、一口サイズの亀甲型最中で、昭和初期に6代目・山崎嘉七が考案したもの。
「初雁シリーズ」は、5代目・山崎嘉七が明治時代に創案した歴史ある芋菓子で、芋せんべい「初雁焼」、芋の蜜漬け「初雁糖」、油で揚げた「初雁霰」の3タイプあります。
2月上旬~3月中旬の桜餅、4月上旬~5月上旬の柏餅、5月中旬~8月下旬頃の麩まんじゅう、9月上旬~1月上旬の栗蒸し羊羹など、季節の生菓子も販売されているので、川越散策の際には、立ち寄りをおすすめ。

オンラインショップも開設。

亀屋本店(山崎家住宅)
名称 亀屋本店(山崎家住宅)/かめやほんてん(やまざきけじゅうたく)
所在地 埼玉県川越市仲町4-3
関連HP 亀屋本店公式ホームページ
電車・バスで 西武新宿線本川越駅から徒歩15分
ドライブで 関越自動車道川越ICから約6km
駐車場 市内観光用駐車場(157台/無料)、周辺の有料駐車場を利用、土・日曜、祝日のみ市庁舎南側駐車場(120台/有料)、市庁舎北側駐車場(90台/有料)を利用可能
問い合わせ 亀屋本店 TEL:049-222-2052
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧八十五銀行本店本館

旧八十五銀行本店本館

埼玉県川越市、川越市川越伝統的建造物群保存地区に選定される蔵造りの町並み(川越一番街商店街)の一画に建つレトロな洋館が、旧八十五銀行本店本館。現存する建物は、明治26年の川越大火で焼失後、大正7年の竣工で、国の登録有形文化財に指定。商都・川

蔵造りの町並み(川越一番街商店街)

蔵造りの町並み(川越一番街商店街)

小江戸と呼ばれる埼玉県川越市は、松平家17万石の城下町として栄え、最盛期には100軒以上の蔵造りの建物が建ち並んでいました。蔵造りの町並み(川越一番街商店街)一帯には見事な蔵が並び、散策に絶好。明治26年の川越大火後、防火建築として蔵造りの

川越市蔵造り資料館

川越市蔵造り資料館

埼玉県川越市の蔵造りの町並みにある川越市立のミュージアムが川越市蔵造り資料館。明治26年の川越大火直後に焼失を免れた現在の大沢家住宅など数軒の蔵造りや東京の日本橋界隈の商家を参考に、煙草卸商を営んでいた小山文造(屋号「万文」)が建てた蔵造り

大沢家住宅

大沢家住宅

埼玉県川越市にある現存する川越最古の蔵造り建築が大沢家住宅。呉服太物を商っていた近江屋半右衛門が寛政4年(1792年)に建てた蔵造りの店舗。明治26年の川越の大火でも焼失から免れ、国の重要文化財に指定されています。平成元年から4年間にわたっ

時の鐘

時の鐘

埼玉県川越市の中心部、蔵造りの街並みに建つのが時の鐘。江戸時代初頭から城下の町に時を告げてきた川越のシンボル的な存在の鐘撞堂です。川越藩主・酒井忠勝(さかいただかつ)が初代の堂を創建し、現存する時鐘楼は、明治26年に起きた川越大火直後、店も

陶舗やまわ

陶舗やまわ

埼玉県川越市の川越市川越伝統的建造物群保存地区に選定される蔵造りの町並み(川越一番街商店街)にあるのが、陶舗やまわ。角地に建ち、ひときわ目を引く重厚な建物は、川越大火直後の明治26年築の蔵造り。NHK連続テレビ小説『つばさ』(平成21年放送

旧山崎家別邸

旧山崎家別邸

埼玉県川越市、天明3年(1783年)創業という川越の老舗菓子屋「亀屋」の5代目・山崎嘉七が隠居所として建てた別邸が、旧山崎家別邸。建物は国の重要文化財、庭園は国の名勝に指定されています。隠居所といいながら、豪商・山崎家なので、まさに迎賓館的

川越アートカフェ エレバート(田中家住宅)

川越アートカフェ エレバート(田中家住宅)

埼玉県川越市、川越市川越伝統的建造物群保存地区に選定される蔵造りの町並み(川越一番街商店街)の一画にある、レトロな雰囲気のカフェが、川越アートカフェ エレバート(田中家住宅)。大正4年2月25日築、耐火建築の土蔵造りで、かつ街路建築(看板建

宮岡刃物店

宮岡刃物店

埼玉県川越市、川越市川越伝統的建造物群保存地区に選定される蔵造りの町並み(川越一番街商店街)にある蔵造りの商家が、宮岡刃物店。一生使えるという包丁などを販売。天保13年(1843年)創業で、現存する建物は、明治26年の川越大火後の、明治30

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ