玉取崎展望台

玉取崎展望台

石垣島(沖縄県石垣市)の石垣市街北東、国道390号沿いにあるビューポイントが玉取崎展望台。金武岳(きんぶだけ/201.1m)から東に突き出した根が玉取崎ですが、展望台は国道のさらに内陸側、標高30mほどの高台に位置しています。三角屋根の展望台からは、平久保半島と石垣の海を一望にします。

海岸に発達するリーフ(珊瑚礁群)を眼下に

石垣島の形をシーサーに例えて、北東の平久保崎へと伸びる平久保半島は「シーサーのしっぽ」とも呼ばれていますが、その付け根に位置するのが玉取崎展望台です。

玉取崎展望台からの絶景は、北に平久保半島・はんな岳(238.5m)と伊原間湾、左右に東シナ海と太平洋が、南には野原崎(のばるざき)が一望のもと。
海岸のリーフ(珊瑚礁群)も手に取るよう。
入江と岬が複雑に入り組んだ地形と、海岸に発達するリーフ(珊瑚礁群)が絶景を生み出しているのです。

西側(金武岳寄り)に位置する駐車場から展望台までは徒歩で10分ほどで、ハイビスカスなど南国の花が咲き乱れる遊歩道となっています。

ちなみに、玉取は現地で「タマトゥリィ」と呼ばれていますが、地名の由来は、岩礁に乗り上げる船が多く魂を取られた(魂取)、鳥の卵を採った(卵取)、あるいは天然の真珠の玉が取れた(玉取/石垣島は真珠の養殖で有名です)と諸説あって定かでありません。

名称 玉取崎展望台/たまとりざきてんぼうだい
所在地 沖縄県石垣市伊原間
関連HP 石垣市観光交流協会公式ホームページ
ドライブで 石垣空港から約16km
駐車場 20台/無料
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ