二宮赤城神社

二宮赤城神社

群馬県前橋市二之宮町にある古社で、上野国二之宮、『延喜式神名帳』記載(式内社)の赤城神社にも比定される古社が二宮赤城神社(にのみやあかぎじんじゃ)。神社の北東には4基の前方後円墳からなる大室古墳群があり、赤城神と関係の深い上毛野氏(かみつけぬのうじ)の中心地と推測されます。

赤城神社の歴史はここに始まる!?

二宮赤城神社
随神門は神仏習合時代の仁王門

前橋市内には14社の赤城神社があり、赤城山頂の赤城神社、三夜沢町の赤城神社、二之宮町の二宮赤城神社が信仰の中心的な存在。
そのうち元宮、里宮的な存在で、往古の歴史を伝えるのがこの二宮赤城神社で、大室古墳群があることから、二宮赤城神社が赤城神社の総本社とも推測できます。

鎌倉時代初期の建久5年(1194年)には源頼朝が社殿を再建していますが、戦国時代に小田原北条氏の兵火で焼失。
明治初年までは神仏混淆の二宮山神宮寺玉蔵院だったため、随神門は江戸時代まで仁王門だったもの。
また、元和9年(1623年)の銘がある梵鐘も、赤城山神宮寺に奉納されたもの。
境内には、鎌倉時代のものと推測される(源頼朝の再建とも)塔跡の心礎が残されていますが、これも神仏習合時代のものです。

ちなみに、上野国一之宮は、一之宮貫前神社(いちのみやぬきさきじんじゃ/富岡市)、三之宮は三宮神社 (群馬県北群馬郡吉岡町)です。

二宮赤城神社
名称 二宮赤城神社/にのみやあかぎじんじゃ
所在地 群馬県前橋市二之宮町886
関連HP 前橋観光コンベンション協会公式ホームページ
電車・バスで JR駒形駅からタクシーで10分
ドライブで 北関東自動車道波志江スマートICから約3km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 二宮赤城神社 TEL:027-268-0276
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
二宮赤城神社

二宮赤城神社

群馬県前橋市二之宮町にある古社で、上野国二之宮、『延喜式神名帳』記載(式内社)の赤城神社にも比定される古社が二宮赤城神社(にのみやあかぎじんじゃ)。神社の北東には4基の前方後円墳からなる大室古墳群があり、赤城神と関係の深い上毛野氏(かみつけ

赤城神社

赤城神社

赤城山への自然崇拝がルーツで、平安時代編纂の『延喜式神名帳』に名神大社「勢多郡 赤城神社」として記載される古社、赤城神社。上毛野国(かみつけのくに/現在の群馬県)二之宮(一之宮は貫前神社)。赤城山頂、大沼(おの)の小鳥ヶ島に鎮座し、赤城神社

大室古墳群(大室公園)

大室古墳群(大室公園)

赤城南麓の中心、前橋市の城南地区は、古墳の多い群馬県でもとくに古代遺跡の多い地区。前二子古墳(墳長94m・全長148m)、中二子古墳(墳長111m・全長170m)、後二子古墳(墳長85m・全長106m)、小二子古墳(墳長38m)は、大室古墳

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ