元島名将軍塚古墳

元島名将軍塚古墳

群馬県高崎市東部の元島名町にある墳長95mの前方後円墳が元島名将軍塚古墳(もとしまなしょうぐんづかこふん)。4世紀後半〜5世紀初頭頃、つまり古墳時代初期に築かれたもので、葺石、埴輪は使われていません。前方部の墳頂部分には島名神社が鎮座しています。

墳長95mの前方後円墳

元島名将軍塚古墳から出土した二重口縁壺(壺型土器)は、器形や文様の特徴から、東海地方の伊勢湾西岸との関連が推測され、周辺の遺跡で東海地方の土器が多く出土することから東海地方から移住した豪族の墓ではないかと推測されています。

明治44年の島名神社社殿建築工事の際、前方部が一部掘削され、埋葬施設である全長1.8mの粘土槨(ねんどかく)が発見され、鏡、石釧(いしくしろ)、木片(棺の一部の可能性も)が出土し、現在は東京国立博物館に保管されています。

『日本書紀』景行天皇55年2月条によれば、彦狭島王(ひこさしまおう=古墳時代の王族)は東山道十五国都督に任じられましたが、春日穴咋邑(かすがのあなくひのむら)に至り病死。
東国の百姓はこれを悲しみ、その遺骸を盗み上野国に葬ったと記され、元島名将軍塚古墳には彦狭島王の墓という伝承も残されています。

1万3249基(現存は2434基)、東日本屈指(古墳総数では千葉県に次ぎ2番目ですが、規模が大きいものが多い)の「古墳県」を誇る群馬県ですが、なかでも高崎市は密集率が高く、最多の2741基(現存639基)が記録されています。
市町村別では、高崎市に続いて、太田市1605基(現存178基)、前橋市1542基(現存139基)、藤岡市1511基(現存144基)の順です。

元島名将軍塚古墳
名称 元島名将軍塚古墳/もとしまなしょうぐんづかこふん
所在地 群馬県高崎市元島名町162ほか
関連HP 高崎市公式ホームページ
ドライブで 関越自動車道高崎ICから約1.8km
駐車場 なし
問い合わせ 高崎市文化財保護課 TEL:027-321-1292
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ