白瀧神社

白瀧神社

群馬県桐生市、鳴神山を源流にする山田川の東岸に鎮座するのが白瀧神社。機神である天八千々姫命を祀った社が平安時代の永久年間(1113年〜1118年)に創建されたのが始まりといい、白滝姫が機業と養蚕業を広めたと伝えられることから、桐生織の祖神として信仰されています。

京から絹織物を桐生に伝えた白滝姫が祭神

白瀧神社
神楽殿前にある降臨石

祭神は、織物、紡績の神・天八天千々姫命(あめのやちちひめのみこと)と白滝姫。
白滝姫伝説は、桓武天皇の御代(8世紀)、宮仕えの男が天皇の前で見事な和歌の腕前を披露し、白滝姫を桐生に連れ帰り、絹織物の技術を桐生に伝えたというもの。

蚕が病気や災害に見舞われることなく無事に成長し、多くの繭が取れることを神仏に願い、さらに蚕の餌となる桑の豊作祈願(養蚕は、桑の栽培からスタート)、さらに雹(ひょう)や凍霜害などで桑が枯れて蚕の飼育ができなくなり、投棄せざるを得なかった蚕の鎮魂慰霊などの目的で、養蚕信仰の寺社が建立されたのです。
江戸時代までは神仏習合で、白瀧神社となったのは明治初年の神仏分離以降のこと。

境内にある降臨石は、織姫と彦星の出会う七夕の日、天から降ってきた巨岩と伝承されています。
以前は、東側に開いた穴に耳を当てると、石の中から機音が聞こえてきましたが、ある日、雪駄を履いて石に上る不遜な人がいて、その後、機音は止まってしまったと伝えられています。

本殿裏にある神木の大ケヤキは桐生市の天然記念物。

日本遺産「かかあ天下-ぐんまの絹物語-」の構成資産になっています。

白瀧神社
名称 白瀧神社/しらたきじんじ
所在地 群馬県桐生市川内町5-3288
関連HP 桐生市公式ホームページ
電車・バスで 東武・わたらせ渓谷鐵道相老駅からタクシーで15分
ドライブで 北関東自動車道太田桐生ICから約19km
駐車場 あり/無料
問い合わせ 桐生市文化財保護課 TEL:0277-46-1111/FAX:0277-46-1109
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ