中ノ峯古墳

中ノ峯古墳

群馬県渋川市北牧にある群馬県の史跡に指定される円墳が、中ノ峯古墳(なかのみねこふん)。直径9m、高さ1.95mという小さな古墳ですが、6世紀初頭の榛名山二ッ岳の噴火で、軽石に覆われ、盗掘を免れたために横穴式石室から人骨4体(成人3体・幼児1体)、勾玉などの副葬品が見つかっています。

榛名山の噴火で古墳が築造直後に軽石層に埋まった!

6世紀初め(古墳時代後期)の榛名山の噴火による火山灰層の上に造成された円墳で、6世紀中頃の榛名山の二度目の爆発による軽石層に埋もれていました。
昭和54年3月(当時は子持村)、軽石の採取で偶然に発見され、軽石採取で墳丘と石室の一部を削られていますが、現在では復元保存されています(子持村教育委員会による発掘調査が行なわれ、昭和55年に群馬県に史跡になりました)。

自然石を乱石積みで築いた横穴式石室は、長さ5m、幅0.86m(奥壁)・幅0.76m(入口部)、高さ1.3m。
副葬品は未盗掘のまま発見され、出土した勾玉(まがたま)、管玉(くだたま)などの宝飾類、鉄製の大刀、鉄鏃(てつぞく=鉄製の矢尻)、須恵器などは「渋川市埋蔵文化財センター」に収蔵展示されています。

渋川市にある榛名山噴火関連遺跡(25遺跡)のひとつです。

中ノ峯古墳
渋川市埋蔵文化財センターに展示される出土品
中ノ峯古墳
名称 中ノ峯古墳/なかのみねこふん
所在地 群馬県渋川市北牧中ノ峯1596
関連HP 渋川市公式ホームページ
ドライブで 関越自動車道渋川伊香保ICから約8km
問い合わせ 渋川市文化財保護課 TEL:0279-52-2102/FAX:0279-52-4008
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
中筋遺跡

中筋遺跡

群馬県渋川市にある、古墳時代の榛名山噴火関連遺跡のひとつが、中筋遺跡。6世紀初頭に噴火した榛名山二ツ岳の火砕流で被災し埋没した古墳時代の集落跡の遺構で、竪穴式住居4軒、平地式建物5棟、祭祀遺構、垣根、道、畠などが発掘され、「日本のポンペイ」

金井東裏遺跡

金井東裏遺跡

群馬県渋川市金井にある金井遺跡群のひとつが金井東裏遺跡(かないひがしうらいせき)。平成24年から行なわれた調査で榛名山の爆発による火砕流に埋没した「甲を着た古墳人」(よろいをきたこふんじん)が発掘され(古墳時代の遺跡から、小札甲を纏った状態

黒井峯遺跡

黒井峯遺跡

群馬県渋川市にある、古墳時代の榛名山噴火関連遺跡のひとつが黒井峯遺跡。吾妻川の河岸段丘上にある遺跡で、西南10kmほどのところにある榛名山二ツ岳の大爆発(6世紀初頭)で噴出した大量の軽石によって、短時間のうちに埋没した古墳時代後期の集落跡。

金井下新田遺跡

金井下新田遺跡

群馬県渋川市、金井遺跡群のひとつで、「甲を着た古墳人」が出土した金井東裏遺跡の南400mほどに位置する古墳時代の集落遺跡が、金井下新田遺跡(かないしもしんでんいせき)。6世紀初頭の榛名山噴火による堆積物の下から、5世紀後半の鍛冶遺構、土器集

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ