八幡平アスピーテライン・樹海ライン開通/雪の回廊

八幡平 雪の回廊

八幡平アスピーテライン(御在所~見返り峠~ふけの湯ゲート)は例年4月中旬(4月15日前後)、そして八幡平樹海ラインは4月下旬(ゴールデンウィーク直前)に開通します。両方が開通した際には開通時には全長27kmという長さ日本一の雪の回廊が出現。道路の両側にそびえる巨大な雪の回廊と青空という見事なコントラストは、まさに絶景。

山麓の一本桜と組み合わせて『桜と雪の回廊』を楽しみましょう

八幡平 雪の回廊
八幡平 雪の回廊

北東北で雪の回廊が出現するのは、八甲田山(八甲田ホテル〜谷地温泉の間、8km/例年4月1日開通)と八幡平。
八幡平の雪の回廊は、例年の積雪量だと高さが最大で7m~8mと八甲田より高く(八甲田の雪の回廊は6m前後)、距離も日本最長となるのが特徴です。

積雪や路面凍結のおそれがあることから、開通直後〜5月下旬頃までは、夜間通行止め(17:00~翌朝8:30)となるのでご注意を。
天候悪化の際には日中でも通行止めとなることも。

雪の回廊は例年、5月中旬頃まで(年によって状況が異なるので、ゴールデンウィーク以降は、確認をしてからお出かけを)。
雪の回廊と同時に山麓の桜も見頃を迎え、上坊牧野の一本桜、為内の一本桜と結べば『桜と雪の回廊』に。

八幡平 雪の回廊
見返り峠
八幡平山頂の見返り峠

取材班おすすめ! 八幡平のリゾートホテル

八幡平に泊まるなら、雄大な自然を活かしたリゾートホテルがおすすめ。
DAIWA ROYAL HOTEL(大和リゾート)のアクティブリゾーツ 岩手八幡平(旧・八幡平ロイヤルホテル)、八幡平マウンテンホテル(旧・八幡平リゾートホテル)、少し足を伸ばしたホテル安比グランド(本館&タワー館)なら冬のスキーリゾートとしても活用できます。
逆に言えば、夏場はまだまだ比較的オフシーズン的な扱いで、他のリゾート地よりもエコノミーに滞在できます。
「夏はスキー場、冬は海水浴場へ」というのが取材班おすすめのセオリーにもバッチリと当てはまります。

アクティブリゾーツ 岩手八幡平(旧・八幡平ロイヤルホテル)

DAIWA ROYAL HOTEL(大和リゾート)のチェーンホテル。
ゆったりとした部屋、そしてのんびりできる露天風呂は、ロイヤルホテルならではで、くつろぐことができます。
夏休みも意外のお手頃の料金設定で、おすすめできます。
少し遅い夏休みを9月にとればなおお得な料金設定です。

八幡平マウンテンホテル(旧・八幡平リゾートホテル)

2017年9月5日「八幡平マウンテンホテル」に改称し、リニューアルオープン。
以前はJR系のリゾートホテルでしたが、施設のゆったりとした造りは昔のまま。
夏場なら奮発して和洋室に泊まっても、意外にエコノミーなので、ファミリーなら和洋室などの利用もおすすめです。

ホテル安比グランド(本館&タワー館)

東八幡平エリアから少し足を伸ばして安比へ。
スキーで有名な安比ですが、その基地となるホテル安比グランド(本館&タワー館)は、本格派のリゾートホテルで、和・洋・中・焼肉・バイキングとバリエーションをそろえた5つのレストランが自慢。
まさに滞在型のリゾートで、夏休みなら本館のメゾネットに泊まっても案外エコノミーで驚きます。

八幡平アスピーテライン・樹海ライン開通/雪の回廊 DATA

八幡平アスピーテライン・樹海ライン開通/雪の回廊
開通日 八幡平アスピーテライン4月中旬(4月15日前後)
八幡平樹海ライン4月下旬(ゴールデンウィーク直前)
関連HP 八幡平市観光協会公式ホームページ
所在地 岩手県八幡平市松尾寄木地内
場所 八幡平アスピーテライン・樹海ライン
電車・バスで JR盛岡駅前から岩手県北バス樹海ライン経由八幡平頂上行きで1時間50分、終点下車
ドライブで 東北自動車道松尾八幡平ICから約6kmで八幡平アスピーテラインの入口、東八幡平。さらに八幡平アスピーテラインを21kmで見返り峠(八幡平山頂)
問い合わせ 八幡平市観光協会 TEL:0195-78-3500
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
ドラゴンアイ

八幡平・鏡沼 ドラゴンアイ

2021年5月24日
八幡平樹海ライン・紅葉

紅葉絶景ドライブ(10)八幡平樹海ライン

2018年9月27日
八幡平アスピーテライン

紅葉絶景ドライブ(9)八幡平アスピーテライン

2018年9月27日

山岳ドライブで楽しむ「雪の回廊」 全国12コース

2018年3月26日
為内の一本桜

為内の一本桜

2018年3月24日
上坊牧野の一本桜

上坊牧野の一本桜

2018年3月24日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ