旧武藤山治邸

旧武藤山治邸

美濃国安八郡脇田村(現・岐阜県海津市)出身で、鐘紡中興の祖、日本の紡績王ともいわれる実業家で、後に政治家になった武藤山治(むとうさんじ)の神戸・舞子の有栖川宮別邸(現・舞子ビラ)近くに建てられた別邸。明治40年築の洋館のみが現存し、明石海峡大橋のたもと、舞子公園内に移築されています。

館内はステンドグラス、マントルピースなど往時のままに復原

旧武藤山治邸
旧武藤山治邸

設計は、山口県庁舎(現・山口県政資料館)、横浜銀行協会、富山県庁舎などを手掛けた大熊喜邦(おおくまよしくに)。
木造2階建てのコロニアル風の洋館で、海側に円形のベランダが張り出しているのが特徴。

武藤山治没後は、鐘淵紡績の従業員の厚生施設「鐘紡舞子倶楽部」として使われていましたが、明石海峡大橋の建設に伴う国道2号の拡幅で平成7年に和館は取り壊され、洋館のみが垂水区狩口台に移築。

平成19年に建物、家具、絵画や陶芸などの収集品、多くの洋書を中心とする蔵書などが兵庫県に寄贈され、舞子公園内に移築されています。
建物は国の登録有形文化財になっています。

館内にはステンドグラス、暖炉、家具や調度品が往時のままに残されています。
1階の食堂、応接室、2階の貴賓室などは必見です。

明治、大正時代には舞子周辺に多くの別荘や料理旅館・萬亀楼など多くの旅館がありましたが、昭和3年開通の神明道路(現・国道2号)の建設などで多くが立ち退きを余儀なくされています。

旧武藤山治邸 DATA

名称 旧武藤山治邸/きゅうむとうさんじてい
Former Residence of Sanji Muto(Former”Kanebo Maiko Club”)
所在地 兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051
関連HP 舞子公園公式ホームページ
電車・バスで JR舞子駅、山陽電鉄舞子公園駅から徒歩5分
ドライブで 第2神明道路名谷ICから約5.2km
駐車場 舞子公園駐車場(212台/有料)
問い合わせ 舞子公園管理事務所TEL:078-785-5090/FAX:078-785-5109
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ