楢下宿・新橋

楢下宿・新橋

山形県上山市、羽州街道の宿場、楢下宿(ならげしゅく)の真ん中を流れる金山川に、明治13年に架橋された石造アーチ橋が新橋(しんばし)。下町に明治15年架橋の石造アーチ橋「覗橋」があり、2つを合わせてメガネが完成し、新橋を、新町めがね橋と呼んでいます。経済産業省の近代化産業遺産に認定。

「土木県令」三島通庸の支援で架橋

橋長14.7m、幅員4.4m、アーチの高さ4.4mの石造アーチ橋で、石材は宮川上流の大門石(現・上山市大門で産出の凝灰岩)を使用。
総工費は1000余円、300円が県の下付金でしたが、残りは橋銭を徴収して償却しています。

当時の金山川は洪水が多く、何度も木製の橋が流されたため、明治9年、初代・山形県令に就任した、薩摩藩出身の三島通庸(みしまみちつね)が住民の要望による架橋事業として、不足分の資金を補充し、アーチ型石橋の技術的な支援を行なったもの。

重量制限はあるものの、現在も現役の道路橋です。

「東北地方の産業振興の基礎を築いた水資源・交通・都市基盤整備の歩みを物語る近代化産業遺産群」として経済産業省の近代化産業遺産に認定。
上山市内では、覗橋、中山橋、堅磐橋(かきわばし)も近代化産業遺産に認定されています。

当時、山形県の物流は、最上川舟運と北前船に負うところが多く、三島通庸は、陸運による東京とのつながりを重視し、馬車規格の道路として 明治13年に米沢~福島間の栗子街道(万世大路) と、明治15年に山形~仙台間の関山街道を開通させ「土木県令」といわれたのです。

楢下宿・新橋
名称 楢下宿・新橋/ならげしゅく・しんばし
所在地 山形県上山市楢下
電車・バスで JRかみのやま温泉駅からタクシーで20分
ドライブで 東北中央自動車道かみのやま温泉ICから約6km
駐車場 楢下観光用駐車場を利用
問い合わせ 上山市観光課 TEL:023-672-1111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
楢下宿

楢下宿

山形県上山市にある羽州街道の宿場が楢下宿(ならげしゅく)。七ヶ宿から金山峠を越えて出羽国に入った最初の宿場で、江戸時代には奥州13藩の参勤交代や出羽三山詣の旅人で賑わいを見せました。羽州街道楢下宿・金山越として国の史跡になっています。「脇本

楢下宿 丹野こんにゃく(こんにゃく番所・日々蒟蒻)

楢下宿 丹野こんにゃく(こんにゃく番所・日々蒟蒻)

山形県上山市、羽州街道(うしゅうかいどう)の宿場・楢下宿(ならげしゅく)にある玉こんにゃく、刺身こんにゃくなどの製造メーカーが丹野こんにゃく。本社に併設して、懐石料理のこんにゃく番所、喫茶の日々蒟蒻が併設され、自慢のこんにゃくの購入のほか、

楢下宿・脇本陣滝沢屋(旧丹野家住宅)

楢下宿・脇本陣滝沢屋(旧丹野家住宅)

山形県上山市、出羽国11藩、陸奥国の2藩の参勤交代にも使われた羽州街道(うしゅうかいどう)の宿場が楢下宿(ならげしゅく)。往時の建物が移築保存されているのが脇本陣滝沢屋(旧丹野家住宅)で、大名や上級武士の宿泊、休息に利用した建物の内部を見学

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ