ユーハイム神戸元町本店

ユーハイム神戸元町本店

第一次世界大戦中に捕虜として中国・青島から日本に連行され、その後、日本に留まってバウムクーヘンや洋菓子などを販売したドイツ人のカール・ユーハイム(Karl Joseph Wilhelm Juchheim)が始めた洋菓子店「ユーハイム」の神戸にある本店がユーハイム神戸元町本店。

まずはユーハイムの歴史を知ろう

ユーハイム神戸元町本店

2階のショップ

ユーハイム神戸元町本店

1階のレストラン

日本で初めてバウムクーヘンを作り、マロングラッセを販売したのがカール・ユーハイム。
大正8年、広島県安芸郡仁保島村(現在の広島市南区似島)にある似島検疫所に収容されていた際に、広島県物産陳列館(現在の原爆ドーム)にて開催された「ドイツ作品展示会」で製造販売したのが日本初のバウムクーヘンの製作販売ということに。

第一次大戦が終わり、虜囚の身から解放されたユーハイムは、明治屋の社長・磯野長蔵が銀座に開店した喫茶店「カフェー・ユーロップ」で働き、エリーゼ夫人と息子を青島市から日本に呼び寄せます。

その後、横浜の居留地60番地に、自らの店「E・ユーハイム」を出店しますが、関東大震災で神戸に移っています。
そうして神戸市神戸区(現在の中央区)三宮町1丁目309に開いたのが「JUCHHEIM’S」。
その後、店は繁盛し、そのハイカラさゆえに谷崎潤一郎など文人も集う店になりました。

第二次世界大戦の終盤、昭和20年8月14日、ユーハイムは疎開先の六甲山ホテルで没しています。
戦後、ユーハイムの妻・エリーゼを会長に、ユーハイム商店、そして株式会社ユーハイムとして発展。

本店限定のメニューに注目

ユーハイム神戸元町本店

ランチで人気のシチュー

ユーハイム神戸元町本店

ランチのステーキ

ユーハイム神戸元町本店

バウムクーヘンもデザートで登場

現在も神戸元町本店が、元町通にあり、1階ショップでは切りたてのバウムクーヘンが、地下にはレストラン、2階にはティーサロンがあります。
1階ショップでは本店限定で販売している「マイスターの手焼きバウム」をカットして購入することができるので、お見逃しなく。
また、地下のレストランは、ランチタイムのランチも人気があります。
本店オリジナルのビーフシチュー、神戸牛のハンバーグなどが人気。
ドイツワイン、ドイツビールなども用意されています。

2階のティーサロンでは、神戸元町本店特製ショートケーキ、バウムクーヘンデザートなどが味わえます。
 

ユーハイム神戸元町本店 DATA

名称 ユーハイム神戸元町本店/ゆーはいむこうべもとまちほんてん
所在地 兵庫県神戸市中央区元町通1-4-13
関連HP ユーハイム公式ホームページ
電車・バスで JR・阪神電車元町駅から徒歩3分
ドライブで 阪神高速3号神戸線京橋出口から約1.3km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ TEL:078-333-6868
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ