地御前神社

地御前神社

広島県廿日市市、宮島の対岸にあり、かつては海岸だった場所に厳島神社の外宮(摂社)として造営された古社が、地御前神社(じごぜんじんじゃ)。古来、厳島(宮島)は島全体が聖地とされ、人が住むことを禁じられてきたので、厳島の遙拝のために地御前神社が建立されたのです。

厳島を遙拝するために建てられた平清盛ゆかりの古社

平清盛の庇護を受け仁安3年(1168年)、厳島神社と同様の社殿が建築されたと伝えられ、仁安3年(1168年)の『伊都岐島社神主佐伯景弘解』には19の社殿があったことが記されています。
現在では拝殿と本殿、客人本殿の3社殿のみですが、現在の本殿、客人宮本殿は江戸時代の宝暦10年(1760年)の再建で、平安時代の様式を今に伝える貴重なもの。

旧暦の5月5日は『御陵衣祭』で流鏑馬(やぶさめ)と舞楽が奉納され、旧暦の6月17日には厳島神社から船を迎える『管絃祭』が執り行なわれています。
江戸時代までは地御前神社の目の前までが海が迫り、海中に鳥居が立ち、拝殿横に船を係留したと伝えられています。

地御前神社と、厳島神社、弥山にある奥宮・御山神社(みやまじんじゃ)は南北の直線状に位置していることも、大きな意味があるのだと推測できます。

地御前神社
名称 地御前神社/じごぜんじんじゃ
所在地 広島県廿日市市地御前4-1-6
関連HP 廿日市市公式ホームページ
電車・バスで 広島電鉄地御前駅から徒歩5分
ドライブで 広島岩国道路廿日市ICから
駐車場 3台/無料
問い合わせ 地御前神社 TEL:0829-36-0795
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
厳島神社

厳島神社

日本三景のひとつ安芸(あき=広島県西部の旧国名)の宮島にある厳島神社(いつくしまじんじゃ)は、社伝によれば推古元年(593年)創建と伝えられる古社。久安2年(1146年)に平清盛が現在の海に浮かぶような社殿の造営を行なっています。世界文化遺

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ