松阪家住宅

松阪家住宅

広島県竹原市、竹原市重要伝統的建造物群保存地区(たけはら町並み保存地区)のメインストリートである本町通沿いに建つ代表的な商家で、一般公開されている2軒の「浜旦那」(塩田主)の邸宅のうちのひとつが松阪家住宅(松阪邸)。建物は江戸時代末期のもので、明治12年に改築され現在の姿になっています。

浜旦那(塩田主)の邸宅を見学

入母屋造り平入りの2階建て、唐破風の波打つような大きな屋根が印象的な建物。
漆喰塗(しっくいぬり)の大壁造りの重厚な建物は、2階の菱格子の出窓が華やか。
内部も数寄屋風で統一するという贅を尽くした造りで、往時には、製塩業や醸造業など手広く商い、財を成したのです。
欄間や床の間の細工も実に見事で、地元では松阪邸と呼ばれています。

建築年は定かでありませんが、祈禱札(きとうふだ)が天保6年(1835年)から保存されているので、その頃だと推測されています。

松阪家の初代は延宝2年(1674年)、広島から移住。
沢田屋と称して塩田の必需品である薪問屋、石炭問屋をきっかけに、塩田経営、廻船業、醸造業と多角経営を行なっています。
慶安3年(1650年)に竹原塩田(入浜式塩田)で始まった竹原の製塩事業は、北前船を利用して糸魚川、直江津、柏崎、酒田などの市場を開拓して成長。
浜旦那と呼ばれる浜持ちの家(塩田主)では、松阪家のほか、頼山陽(らいさんよう)を輩出した頼家、ニッカウイスキーの竹鶴政孝の竹鶴家(竹鶴酒造)、吉井家、森川家などが知られ、竹原の文化を育んできました。

松阪家も名家で、下市庄屋、割庄屋、竹原塩浜庄屋、竹原町長などを歴任。

松阪家住宅
名称 松阪家住宅/まつざかけじゅうたく
所在地 広島県竹原市本町3-9-22
関連HP 竹原市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR竹原駅から徒歩15分
ドライブで 山陽自動車道河内ICから約13km
駐車場 新町市営駐車場(47台/有料)など周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 松阪家住宅 TEL:0846-22-5474
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
竹鶴酒造・小笹屋酒の資料館(竹鶴政孝生家)

竹鶴酒造・小笹屋酒の資料館(竹鶴政孝生家)

広島県竹原市にある酒蔵が竹鶴酒造。古くから浜主(塩田を営んでいた)で、副業として酒造を営なんだ小笹屋(おざさや)が始まりで、小笹屋酒の資料館を併設(開館日は限定されています)。ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝の生家にもなっています。入母屋

竹原市歴史民俗資料館

竹原市歴史民俗資料館

広島県竹原市、竹原市重要伝統的建造物群保存地区(たけはら町並み保存地区)のメインストリートである本町通沿いに建つのが竹原市歴史民俗資料館。昭和5年に町立竹原書院図書館として建てられた擬洋風建築を資料館に再生したものです。竹原の製塩業、酒造業

頼惟清旧宅

頼惟清旧宅

広島県竹原市、竹原市重要伝統的建造物群保存地区(たけはら町並み保存地区)のメインストリートである本町通沿いに建つのが頼惟清旧宅(らいただすがきゅうたく)。頼山陽(らいさんよう)の祖父、頼惟清が紺屋(こうや=染め物屋)を営んでいた家で、宝永4

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ