岩手県県民の森

岩手県県民の森

岩手県八幡平市の東八幡平にある広大な自然公園が岩手県県民の森。沿道に白樺の並木が続き、松川渓谷沿いの360haの広大な敷地にダケカンバやブナの森が広がっています。野鳥の森としても知られ、ホトトギスやミソサザイなどその種類は100種にもおよんでいます。

ミズナラやブナの森が広がる自然公園

岩手県県民の森

昭和49年の『全国植樹祭』、昭和59年の『全国育樹祭』の会場にもなった岩手県県民の森。
岩手山(2088.0m)の北麓、標高500m~1000mに位置し、ブナやミズナラの二次林、カラマツ、トドマツの人工林などがあり、ツキノワグマ、ニホンカモシカが生育しています。

森林ふれあい学習館「フォレストi(アイ)」(9:00〜16:00、火曜休)や、夏休みの工作にピッタリの手作り体験が可能な木工芸センターも完備。
森林ふれあい学習館「フォレストi(アイ)」では、岩手の樹木、森の働き、木材の用途、木と遊ぶ(ぼくらの秘密基地・木製玩具)、創作コーナー(松ぼっくり工作・ウッドバーニングなど)などがあり、森の仕組みを楽しく学ぶことができます。

イベント広場として活用されるのがみんなの広場で、さまざまなイベントに対応するよう草地として整備され、春には一面がタンポポで埋め尽くされます。
みんなの広場の周囲には、生産の森、青少年の森、昭和の森、瞑想の森などが配され、散策にも絶好。
岩手山の火山活動を監視する目視観測も、この県民の森で行なわれています。
5月〜10月には炊事場、ウッドデッキ(テントデッキ)を備えたキャンプ場もオープン。

取材班おすすめ! 八幡平のリゾートホテル

八幡平に泊まるなら、雄大な自然を活かしたリゾートホテルがおすすめ。
DAIWA ROYAL HOTEL(大和リゾート)のアクティブリゾーツ 岩手八幡平(旧・八幡平ロイヤルホテル)、八幡平マウンテンホテル(旧・八幡平リゾートホテル)、少し足を伸ばしたホテル安比グランド(本館&タワー館)なら冬のスキーリゾートとしても活用できます。
逆に言えば、夏場はまだまだ比較的オフシーズン的な扱いで、他のリゾート地よりもエコノミーに滞在できます。
「夏はスキー場、冬は海水浴場へ」というのが取材班おすすめのセオリーにもバッチリと当てはまります。

アクティブリゾーツ 岩手八幡平(旧・八幡平ロイヤルホテル)

DAIWA ROYAL HOTEL(大和リゾート)のチェーンホテル。
ゆったりとした部屋、そしてのんびりできる露天風呂は、ロイヤルホテルならではで、くつろぐことができます。
夏休みも意外のお手頃の料金設定で、おすすめできます。
少し遅い夏休みを9月にとればなおお得な料金設定です。
 

八幡平マウンテンホテル(旧・八幡平リゾートホテル)

2017年9月5日「八幡平マウンテンホテル」に改称し、リニューアルオープン。
以前はJR系のリゾートホテルでしたが、施設のゆったりとした造りは昔のまま。
夏場なら奮発して和洋室に泊まっても、意外にエコノミーなので、ファミリーなら和洋室などの利用もおすすめです。
 

ホテル安比グランド(本館&タワー館)

東八幡平エリアから少し足を伸ばして安比へ。
スキーで有名な安比ですが、その基地となるホテル安比グランド(本館&タワー館)は、本格派のリゾートホテルで、和・洋・中・焼肉・バイキングとバリエーションをそろえた5つのレストランが自慢。
まさに滞在型のリゾートで、夏休みなら本館のメゾネットに泊まっても案外エコノミーで驚きます。
 

岩手県県民の森 DATA

名称 岩手県県民の森/いわてけんけんみんのもり
所在地 岩手県八幡平市松尾寄木1-515-2
関連HP 岩手県県民の森公式ホームページ
電車・バスで JR盛岡駅前から岩手県北バス八幡平頂上行きで1時間10分、県民の森下車、すぐ
ドライブで 東北自動車道松尾八幡平ICから約10m
駐車場 200台/無料
問い合わせ 岩手県県民の森森林ふれあい学習館フォレストi TEL:0195-78-2092/FAX:0195-71-1778
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
八幡平温泉館 森乃湯

八幡平温泉館 森乃湯

2018年7月24日
金沢清水(岩手県内水面水産技術センター「座頭清水」)

金沢清水(岩手県内水面水産技術センター「座頭清水」)

2018年7月24日

行くぜ、東北。「米沢探訪」編のロケ地へ!

2018年7月23日
桜松神社・不動の滝

行くぜ、東北。「縁結び」篇は、桜松神社(八幡平市)がロケ地

2018年7月23日
上坊牧野の一本桜

上坊牧野の一本桜

2018年3月24日

岩手山焼走り熔岩流

2017年7月14日

JR東日本『行くぜ、東北。』のCMで注目の白瀑神社はどこにある?

2015年7月27日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ