浄土寺山展望台

浄土寺山展望台

広島県尾道市街の東、尾道水道に迫るようにそびえる標高178.5mの山が浄土寺山。瀬戸内海交易の拠点だった尾道は、その財力を背景に真言宗などの寺も繁栄し、浄土寺山(瑠璃山)、西國寺山愛宕山)、千光寺山大宝山)を尾道三山と呼んで霊山としていました。その山頂、奥の院近くには浄土寺山展望台があり、尾道水道を一望に。

尾道水道を一望にする展望塔

浄土寺山展望台

浄土寺山(瑠璃山)=浄土寺、西國寺山(愛宕山)=西國寺、千光寺山(大宝山)=千光寺という真言宗の古刹のある尾道三山。
なかでも浄土寺山は、山全体が「国宝の寺」と呼ばれる浄土寺の寺域で、山麓に浄土寺本堂・多宝塔(ともに国宝)などの伽藍、山頂直下に奥の院があります。
浄土寺山の山頂に築かれた楼閣のような展望塔が浄土寺山展望台。
細い道ながら山上まで車道が通じているので、夜景を眺めにやってくる夜景ファンも。
タクシーや車を利用しない場合は、山麓から奥の院参道(観音のこみち)歩くことになり、所要は30分ほど。
ハイキングコースのような道なので足回りはしっかりと。
車で上る場合も、途中からは普通車以上の通行は困難という狭路なので、運転には注意が必要(入口で尾道大橋に入らないようご注意を)。

名称 浄土寺山展望台/じょうどじさんてんぼうだい
所在地 広島県尾道市尾崎町
関連HP 尾道観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR尾道駅から尾道市営バス東尾道駅行きで15分、浄土寺下下車、徒歩30分
ドライブで 山陽自動車道尾道ICから約8km
駐車場 浄土寺駐車場(15台)を利用し徒歩30分。または、浄土寺山駐車場(2台/無料、幅員が狭いので普通車以上は利用不可)
問い合わせ 尾道市観光課 TEL:0848‐38‐9184
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
浄土寺

浄土寺

推古天皇24年(616年)、聖徳太子が開いたとも伝えられる広島県尾道市屈指の古刹が浄土寺。建武3年(1336年)2月、足利尊氏(あしかがたかうじ)は、九州に落ち延びる途中戦勝祈願に立ち寄り、勝利再起した後にその庇護を受けて栄えました。江戸時

浄土寺奥の院(浄土寺奥の院展望台)

浄土寺奥の院(浄土寺奥の院展望台)

広島県尾道市にある真言宗泉涌寺派大本山、浄土寺。境内の本堂、多宝塔が国宝であることで知られていますが、実はその背後の浄土寺山(標高178.5m)は、巨石が累々とする場所もあり、真言密教の修験の地で、山頂近くに浄土寺・奥の院が建っています。山

浄土山・不動岩展望台

浄土寺山・不動岩展望台

広島県尾道市には尾道水道を見渡す数多くの展望台がありますが、なかでも知る人ぞ知る展望台で、しかも随一の絶景とスリルを味わえるのが浄土寺山にある不動岩展望台。山麓から浄土寺山を眺めると山中に大きな岩があることに気がつきます。これが不動明王岩。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ