明王院

明王院

広島県福山市草戸町にある真言宗大覚寺派の古刹、明王院。大同2年(807年)、空海(弘法大師)が、開山したと伝えられています。元応2年(1321年)建立の本堂は本瓦葺き入母屋造り、和様と唐様を用いた和洋折衷で、貞和4年(1348年)築の五重塔ともに国宝となっています。本尊の十一面観音立像は国の重要文化財。

本堂、五重塔は国宝、本尊は国の重文

明王院

隣接する草戸稲荷神社(くさどいなりじんじゃ)は、空海が明王院の鎮守として祀ったのが始まりと伝えられ、中世には芦田川河口の港町・草戸千軒町が門前町として栄えていました(江戸時代初期の洪水で町は流出)。
当時は、常福寺という律宗の寺でした。
国宝になっている本堂、五重塔が建立された14世紀前半から中葉にかけては、草戸千軒が大きく拡大する時期にあたるので、草戸千軒の経済力が大きく反映していたとも推測できます。

江戸時代初期、福山藩主・水野勝貞(みずのかつさだ)は、福山城下の歴代藩主の祈願寺となっていた明王院円光寺を合併し、明王院住職・宥仙が常福寺に入ることになり、明王院と呼ばれるようになりました。

明王院
名称 明王院/みょうおういん
所在地 広島県福山市草戸町1473
関連HP 明王院公式ホームページ
電車・バスで JR福山駅からタクシーで10分
ドライブで 山陽自動車道福山SAスマートICから約4km。福山東ICから約11km
駐車場 60台/無料
問い合わせ 明王院 TEL:084-951-1732/FAX:084-944-8881
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
明王院・本堂

明王院・本堂

大同2年(807年)、空海(弘法大師)開基と伝えられる真言宗大覚寺派の古刹、明王院(江戸時代初期までは常福寺という律宗の寺)。本堂は鎌倉後期の元応3年(1321年)に再建されたもので、和洋建築の桁行五間、梁間五間、一重、本瓦葺き入母屋造り。

明王院・五重塔

明王院・五重塔

大同2年(807年)、空海(弘法大師)開基と伝えられる真言宗大覚寺派の古刹、明王院(江戸時代初期までは常福寺という律宗の寺)。明王院の五重塔は、南北朝時代の貞和4年(1348年)に建立された純和様の五重塔で、国宝。全国に28ある国宝の塔の中

草戸稲荷神社

草戸稲荷神社

広島県福山市、明王院(みょうおういん)の北側に隣接し、大己貴神(おおなむちのかみ)、宇加之魂神(うかのみたまのかみ)、保食神(うけもちのかみ)を祀る古社。もともとは明王院(創建から江戸時代初期までは律宗の寺・常福寺)を開基した空海(弘法大師

草戸千軒町遺跡

草戸千軒町遺跡

広島県福山市を流れる芦田川(あしだがわ)河口付近の中州とその周辺に位置する中世に繁栄した遺跡が草戸千軒町遺跡。鎌倉時代から室町時代にかけて、付近の三角州で栄えた集落が草戸千軒町で、その存在は長らく幻といわれていました。草戸千軒町は瀬戸内海の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ