因島公園(天狗山テレビ塔展望台)

因島公園(天狗山展望台)

広島県尾道市、瀬戸内海に浮かぶ因島の南部、土生港(はぶこう)の背後にそびえる標高207.5mのピークが天狗山。瀬戸内海国立公園の特別地域に指定された山頂一帯は因島公園として整備され、電波塔の建つ天狗山テレビ塔展望台直下までは山麓(安郷トンネル入口)から車道も通じているので、絶景を手軽に目にすることができます。

土生港の背後にそびえる山上の天狗山テレビ塔展望台

因島公園(天狗山展望台)

天狗山山頂の展望台からは生名島(いきなじま)、岩城島(いわきじま)、因島と生口島(いくちじま)を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」の生口橋を眼下にします。
晴れていれば遠く四国の山並みも指呼のうち。

天狗山7合目、海抜150mの鯖大師の裏手から天狗山テレビ塔展望台に至る間には遊歩道「つれしおの石ぶみ」も整備され、小林一茶(こばやしいっさ)、若山牧水、司馬遼太郎など因島ゆかりの文人たち19人の詩歌が刻まれる19基の碑が設置されています。

なお、天狗山7合目には全室オーシャンビューの「ホテルいんのしま」も営業しています。

つれしおの石ぶみ
小林一茶「きぬぎぬやかすむ迄見る妹が家」
西国巡歴の際に尾道から島伝いに西国へ渡ったときの作品。

若山牧水「岩角より のぞくかなしき のぞくかなしき あはれ舟人 ちさき帆をあぐ」
大正初期、父の死で失意し旅に出て、岩城島の三浦敏夫の別宅(旧島本陣三浦邸=現・上島町岩城郷土館)に逗留中、因島へ訪れての作。

司馬遼太郎「一眼あり海上王国」
因島へは数回訪れている司馬遼太郎。『竜馬がゆく』を執筆中の頃のもの。

因島公園(天狗山テレビ塔展望台) DATA

名称 因島公園(天狗山テレビ塔展望台)/いんのしまこうえん(てんぐやまてれびとうてんぼうだい)
所在地 広島県尾道市因島土生町
関連HP 因島観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR尾道駅から因島土生港行きバスで48分土生港前下車、徒歩20分、またはタクシーで5分
ドライブで しまなみ海道(西瀬戸自動車道)因島南ICから約7km
駐車場 50台/無料
問い合わせ 因島観光協会 TEL:0845-26-6111
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

すぐそばの「ホテルいんのしま」を予約するなら

ホテルいんのしま
ホテルいんのしま
生口橋

生口橋

2018年12月23日
高見山山頂展望台

高見山展望台

2018年12月14日
因島水軍城

因島水軍城

2018年12月13日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ