広島空港大橋

広島空港大橋

広島県三原市にある自動車専用の橋が広島空港大橋。広島空港と北側の国道486号を結ぶ広島中央フライトロード(地域高規格道路/広島県道49号本郷大和線)途中に架るアーチ橋で、愛称は広島スカイアーチ。平成23年4月20日開通で、橋長800m、主径間長380mで、アーチ橋としては日本最長スパンの橋になっています。

日本最大のアーチ橋が広島空港近くに!

拠点空港である広島空港と,県北部地域や島根県東部地域とのアクセス性の向上を目的に建設が進む広島中央フライトロード。
広島空港大橋は,広島中央フライトロードの中核をなす大規模橋梁で、これまでアーチ橋の1位だった新木津川大橋(主径間長305m)を一気に75mも上回る長大なアーチ橋となったのです(橋上での駐停車はできません)。

広島空港の2kmほど北側の沼田川渓谷に架かり、ライトグレーに塗装されています。

谷底にはJR山陽本線、広島県道33号(瀬野川福富本郷線)が通っていますが、谷底から路面までも最大190mという規模で、高さ95.6m、89.5mという橋脚も日本2位、3位を誇っています。
平成23年度の土木学会田中賞受賞。

広島空港大橋
名称 広島空港大橋/ひろしまくうこうおおはし
所在地 広島県三原市本郷町
関連HP 広島県公式ホームページ
ドライブで 山陽自動車道河内ICから約7km
問い合わせ 三原市観光文化課 TEL:0848-67-6014
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本の橋ランキング/ アーチ橋 ベスト10

日本の橋ランキング/ アーチ橋 ベスト10

アーチリブを用いたアーチ構造の橋の総称がアーチ橋。アーチ橋が安定した構造であることは古くから知られ、古代のギリシャ、メソポタミアでもアーチ橋が築かれていました。広島空港大橋(広島県三原市)は日本最長(中央支間長380m)のアーチ橋です。ここ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ