海芝浦駅

海芝浦駅

神奈川県横浜市鶴見区にあるJR鶴見線、海芝浦支線の終着駅が海芝浦駅(うみしばうらえき)。昭和15年11月1日に私鉄(浅野財閥系)の鶴見臨港鉄道の駅(旅客営業のみ)として開業しています。駅ホームが直接海(田辺運河)に面しているという珍しい駅で「関東の駅百選」にも選定されています。

車や徒歩で行くことができない珍しい駅

鶴見地区埋立地への貨物輸送を行なうために敷かれた鉄道ですが、現在も駅の敷地は、なんと東芝エネルギーシステムズ京浜事業所の敷地内にあります(埋立地は全体が東芝エネルギーシステムズの敷地)。
つまりは、駅を降りても、京浜事業所への入場を認められたIC入り社員証または入門許可証を所持する人以外はどこにも行くことができません。

ホームに隣接して海芝公園(うみしばこうえん)がありますが、これも東芝エネルギーシステムズ京浜事業所が敷地の一部を整備し、9:00〜20:30に開放するもの。
この海芝公園のみが自由に行動できる範囲ということに。

帰りは駅の乗車駅証明書発行機で乗車証明書を受け取り、下車駅で精算する必要があります(スイカ等が利用できるIC改札はあり)。

車や徒歩で行くことができない珍しい駅のため「秘境駅」に加えられることも。
鶴見つばさ橋、横浜ベイブリッジなどのライトアップがホームから眺められるため、この「秘境駅」を目的にやってくるカップル、鉄道ファンの姿も。
ただし、終電を逃すと、駅ホームに始発電車まで閉じ込められることになるので注意が必要。

「本当の真下に海面が見えるのはこの海芝浦だけだろう」(宮脇俊三『時刻表2万キロ』第2章鶴見線)というほど、海に近い駅です。

海芝浦駅
名称 海芝浦駅/うみしばうらえき
所在地 神奈川県横浜市鶴見区末広町2丁目
関連HP JR東日本公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
鶴見つばさ橋

鶴見つばさ橋

首都高速湾岸線(東京湾岸道路)の扇島と大黒ふ頭を結ぶ海上橋が鶴見つばさ橋(横浜市鶴見区)。横浜ベイブリッジと並び、横浜を代表する橋ですが、実は横浜ベイブリッジ(主径間長460m)よりも主径間長は510mと長大で、多々羅大橋(本四連絡橋)、名

絶景駅

日本の絶景駅 15選

全国数ある鉄道駅(およそ9500駅)の中から、絶景の駅として人気のある15駅を紹介しましょう。海岸の駅、そして無人駅が多いのが特徴です。景色に対する感動は個人差があるので、あえて順位は付けていません。これをヒントに、お気に入りの絶景駅を目指

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ