久井の岩海

久井の岩海

広島県三原市久井町吉田、宇根山(標高698.5m)の南東麓、吉田大池近くにある花崗岩の岩塊(岩海)が久井の岩海(くいのがんかい)。緩やかな起伏の谷筋4条に沿って、花崗閃緑岩(かこうせんりょくがん= granodiorite)の巨大な岩が累々と連なり、広島県らしい奇観を呈しています。

日本最大級の岩海が、三原市の山中に!

激しい気温の変化や霜などによって、花崗岩の節理に沿って大規模な分離、崩壊が起こり、渓谷を埋め、風化によって岩塊の角が取れたものだと推測できます。
風化の進展とともに土壌化した部分は雨などで流れ去り、岩礫化したものだけが残されたのです。

直径1m~7mの巨岩怪石が累々と続き、その地下を谷川が流れ、岩に耳を当てると流水の音が聞こえてきます。
22haという広さは、日本最大級の岩海ということに。

標高490m~530mに位置し、地元では「ごうろ」(ゴーロ)とも呼ばれています。
ゴーロは、登山用語で、大きな石や岩がゴロゴロ散乱している場所を指しますが、もともとは、北アルプスの野口五郎岳、黒部五郎岳という山名の五郎もゴーロに由来するように、山人(木こりなど山仕事の人たち)の用語だと推測できます。

谷に沿って続く4条の岩海は、最大の「ぜにがめごうろ」(幅65m、全長500m)のほか、「なかごうろ」(幅35m、全長400m)、「こごうろ」(幅30m、全長130m)、「おおごうろ」(幅90m、全長350m)と呼ばれてきました。

広島県府中市上下町の矢野の岩海とともに「久井・矢野の岩海」として国の天然記念物にも指定され、花崗岩地帯である広島県らしい奇勝を楽しむことができます。

久井の岩海
名称 久井の岩海/くいのがんかい
所在地 広島県三原市久井町吉田
関連HP 三原市公式ホームページ
ドライブで 山陽自動車道三原久井ICから約14km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 三原市文化課 TEL:0848-64-9234
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
矢野の岩海

矢野の岩海

広島県府中市上下町の南西、標高400m〜450mの渓谷の底に広がる矢野の岩海(やののがんかい)。これは尾根にあった花崗岩の岩盤が谷底に崩落、長い間の風化によってそれが礫化し、やがて数万の巨岩礫が谷を埋め尽くすように広がっていったもので、厚さ

野呂山の岩海(岩海遊歩道)

野呂山の岩海(岩海遊歩道)

広島県呉市川尻町、野呂山(839.1m/膳棚山)の山腹標高400~700mの谷間にある流紋岩の岩塊(岩海)が、野呂山の岩海(のろさんのがんかい)。「よこごうろ」、「たてごうろ」、「桜が谷岩海」と呼ばれるの3つの岩塊(岩海)を見て、山上のかぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ