柴山潟

柴山潟

石川県加賀市、かっては、日に七度色を変え、「彩湖」と言われた湖が柴山潟(しばやまがた)。今江潟、木場潟、柴山潟の加賀三湖(海跡湖)のひとつで湖畔には片山津温泉があり、湖に面して片山津温泉が建っています。周囲7kmの柴山潟にはサイクリングロードや湖畔公園が整備され、晴れた日には白山を眺望。

晴れていれば白山を眺望

柴山潟

片山津温泉の沖合400mには70mの高さに噴き上がる大噴水があり(天候によって自動制御)、1日に13回(7月・8月は15回)噴水を噴き上げています。
夜は湖に浮かぶ浮御堂(湯の元公園)とともにライトアップを実施。

今江潟は干拓で姿を消し(今江潟は、小松空港の東にあった湖で干拓後は拓栄町などになっています)、柴山潟も干拓で湖の北側、全体の6割を失っています。
湖の北東、干拓町と名付けられた部分は、今江潟と同様に干拓で姿を消した部分。

加賀三湖の周辺の洪積台地は三湖台と呼ばれ、古墳時代には多くの古墳が造られています。
これは加賀三湖が貝類など豊富な漁業資源が採取できた証。
国営干拓事業により広大な農地が誕生していますが、「えぬ(江沼)のくに」と呼ばれた美しい景観は片山津温泉周辺の柴山潟と木場潟公園(小松市)にのみ残されています。

片山津温泉は柴山潟の湖中に湧いた温泉!

柴山潟で温泉が発見されたのは承応2年(1653年)で、大聖寺藩2代藩主・前田利明(まえだとしあき)が柴山潟に鷹狩りに訪れた際、水鳥が群れている場所があり、温泉の湧出を発見したと伝えられています。
ただし、湖中の温泉だったため、埋め立てに失敗。

さらに7代藩主・前田利物(まえだとしたね)も埋め立てに失敗したため、その後、何度もチャレンジを繰り返していますが、いずれも失敗に終わり、片山津温泉が開湯されたのは、明治15年6月28日のこと。
明治16年には、片山津最初の温泉旅館が開業しています。

松材3万本、埋め立て面積一町歩(約1ha)という大規模な埋め立て工事が行なわれ、人工島に湖岸から橋を架けて、ようやく温泉の利用ができるようになったのです。
干拓に活躍した片山津村の清水伊与門、広瀬次郎七、岡田五平、北出長与門、藤沢長三郎、惣谷小与門の6人は「六名者」として、その功績が讃えられています。

柴山潟
名称 柴山潟/しばやまがた
所在地 石川県加賀市片山津温泉
電車・バスで JR加賀温泉駅から加賀温泉バス片山津温泉行きで20分、片山津温泉下車すぐ
ドライブで 北陸自動車道片山津ICから約4km
問い合わせ 片山津観光協会 TEL:0761-74-1123
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
片山津温泉総湯

片山津温泉総湯

石川県加賀市、加賀温泉郷のひとつ、片山津温泉の中心にある共同湯が片山津温泉総湯。柴山潟の湖畔にたたずむガラス張りの建物で、お洒落な美術館のような外観。「潟の湯」、「森の湯」2つの浴室に「まちカフェ」が併設され、2階には白山連峰、柴山潟を眺望

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ