春国岱

風蓮湖(ふうれんこ)とオホーツク海を分けるように続く約8kmにわたる砂洲が、春国岱(しゅんくにたい)。風蓮湖とともにラムサール条約登録湿地となっています。車侵入禁止なので、野鳥の楽園となっており、その数はおよそ260種。「春国岱原生野鳥公園」として保護されています。7月上旬〜下旬には、ハマナスの群落も実に見事。

風蓮湖畔にある長大な砂洲はハマナス群落

「根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター」では、春国岱で見られる野鳥や花、動物などのパネル展示や、ハマナスの開花状況など、周辺の自然を案内しているので、ぜひお立ち寄りを。

ネイチャーセンターから春国岱の第一砂丘先端を目指しハマナス群落まで歩けば往復8km、所要約3.5時間のロングコース。
ネイチャーセンターで遊歩道のコースをじっくり確認してコース選びを。

ちなみに春国岱はアイヌ語のシュンク・ニタイ(shunku-nitai=エゾマツ・林)に由来。
幅1.3kmほどの春国岱は、時期の違う3列の砂州・砂堆で形成されていますが、最も古い2500~3000年前にできたと推定される
内側の砂州・砂堆には、オンネトーの湖畔同様に世界的にも珍しいアカエゾマツの純林があります。

陸側の東梅はトー・パイェ( to-paye=湖に・行くところ)で、風蓮湖への入口であることがわかる地名です。

春国岱 DATA

名称 春国岱/しゅんくにたい
所在地 北海道根室市東梅
関連HP http://www.marimo.or.jp/~nemu_nc/workn/
電車・バスで JR根室駅前バスターミナルから根室交通バス納沙布岬行きで35分、終点下車、すぐ
ドライブで 釧路空港から1.5km、右折して国道240号を7.5km、国道38号、国道44号と経由して135km、明治町の交差点を左折、または右折して道道35号根室半島線で23km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターTEL:0153‐25‐8570

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ