開陽台展望台

中標津(なかしべつ)空港北西の高台にある、道東の展望台でも人気の地。「地球が丸く見える」がキャッチフレーズの雄大なパノラマはもちろんのこと、併設されたキャンプ場を利用すれば、国後島(くなしりとう)方面から昇る朝日が眺められるというのが、人気の秘密です。高台には展望施設「開陽台展望館」も建っています。

「根釧台地の格子状防風林」を眼下に

展望館屋上からの眺め

国後島方面を眺望。格子状防風林に注目

展望台からは根室海峡越しに、目を凝らすと国後島も望見できるほどの大パノラマが広がります。
ここから眼下にする根釧原野で、注目なのは、格子状となった防風林のベルト。
「根釧台地の格子状防風林」として北海道遺産に登録されています。

幅180mのカラマツ林が巨大な格子状をつくり、碁盤の目のように連なっている防風林のベルトで、全部をつなぎ合わせると648㎞にもなるとのこと。
明治時代に開拓使の顧問を務めたホーレス・ケプロン(Horace Capron/明治8年離日)の提案で、大正時代ころから全道に築かれたもの。

展望台に周囲に広がる町営開陽台牧場は、面積778ha(東京ドーム100個分)、6月上句〜10月下句の間、1000頭ほどの乳牛が放牧される大牧場。
酪農家から預かった生後6ヶ月以上の乳牛、肉牛の預託放牧を行なう育成牧場です。

「根釧台地の格子状防風林」を眼下に

「開陽台展望館」の内部には売店、ジェラート類、ソフトクリームが自慢の喫茶コーナーも併設。
喫茶コーナー「cafe kaiyodai」(ゴールデンウィーク〜10月営業)は、中標津町にあるスイーツ・ドーナツ工房「シレトコファクトリー」の直営店。
「開陽台しあわせのはちみつソフトクリーム」や、自慢のジェラート類は、さすが道東の人気店といった感じです。

窓際のカウンター席に座ってのんびりと景色を眺めながら味わうことも、テイクアウトして屋上で景色を眺めながらという手もあります。

牧場には全長2600mの遊歩道もあって、時間が許せば牧場ウォークも楽しめます。
「北根室ランチウェイ」というロングトレイルも用意されています。

また開陽台入口から東側へと続く「ミルクロード」(開陽台出口を出て左折)はアップダウンの続く直線道路。
記念写真には絶好のスポットなのでお見逃しなく。

ホントに地球が丸く見える!?
もともとは、昭和36年にテレビ中継局が建てられ、翌年に開陽台と命名されたのが始まり。
ライダーのメッカとして、道東一の人気だった時代もあります。
周辺の道路も、当初は大部分がダートでしたが、今ではほとんどが舗装道路になって秘境感も薄れてきました。
「地球が丸く見える」というのは視覚的な錯覚で実際にはあり得ません。
開陽台の標高は、269.2m。仮に根室から釧路にかけての根釧原野がワイドに100km見えたとしても、地球一周(球体)4万kmでわずかに0.0025%。
というわけで、理論上は1度にも満たない歪みしか見えないはずということに。
 

開陽台展望台 DATA

名称 開陽台展望台/かいようだいてんぼうだい
所在地 北海道標津郡中標津町開陽
関連HP http://kaiyoudai.jp/
電車・バスで JR釧路駅から阿寒バス標津行きで2時間、中標津下車、タクシーで15分
ドライブで 根室中標津空港から道道150号(摩周湖中標津線)を養老牛温泉方面へ走る。開陽交差点を越え24線をそのまま直進し、北19号にぶつかるT字路を右折すると開陽台入口の上り坂
駐車場 60台/無料
問い合わせ 中標津町観光案内所TEL:0153-73-4787

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ