『ふるさと』歌碑(レインボーライン山頂公園)

『ふるさと』歌碑(レインボーライン山頂公園)

福井県若狭町と美浜町の境、三方五湖レインボーライン途中、絶景の頂、梅丈岳(標高395m)に西武されたレインボーライン山頂公園。そのまた絶景スポットが五木の園(美浜町)で、地元出身の歌手・五木ひろしの『ふるさと』歌碑が立っています。

五木ひろしの故郷、美浜町の梅丈岳山頂に立つ歌碑

昭和48年7月に発売の『ふるさと』(作詞・山口洋子、作曲・平尾昌晃)。
ヒットを背景に昭和48年12月31日の『第24回NHK紅白歌合戦』でもこの曲が歌われています。
『よこはま・たそがれ』、『長崎から船に乗って』(ともに昭和46年発売)と同じ、山口洋子の作詞で、作曲も平尾昌晃というリズム演歌という新ジャンルを開拓した黄金コンビの名曲。

平成19年〜平成20年放送のNHK連続テレビ小説『ちりとてちん』ではヒロインの母の愛唱歌という設定で劇中歌にもなっています(五木ひろしもゲスト出演)。

五木ひろしは、福井県三方郡美浜町出身で、三方五湖を眺める五木の園に設置された歌碑のレコード盤に触れると『ふるさと』の歌が流れる仕組み。
美浜町では11:30になると『ふるさと』のオルゴールバージョンが流れています。

福井県内には大野市に『九頭竜川』歌碑、越前海岸の呼鳥門(こちょうもん)近くに『越前有情』(えちぜんうじょう)歌碑、JR小浜線美浜駅前に『面影の郷』と五木ひろしの故郷だけあって4基の歌碑があります。

『ふるさと』歌碑(レインボーライン山頂公園)
名称 『ふるさと』歌碑(レインボーライン山頂公園)
所在地 福井県美方郡美浜町日向
関連HP レインボーライン公式ホームページ
電車・バスで JR三方駅からタクシーで20分
ドライブで 北陸自動車道敦賀ICから約28km
駐車場 レインボーライン山頂公園第1駐車場(200台/無料)
問い合わせ レインボーライン TEL:0770-45-2678
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
『越前有情』歌碑

『越前有情』歌碑

越前岬(えちぜんみさき)で知られる福井県丹生郡越前町、海岸沿いを走る国道305号沿い、呼鳥門(こちょうもん)近くに立つのが、『越前有情』歌碑(えちぜんうじょうかひ)。福井県三方郡美浜町出身の歌手・五木ひろしが歌った旅情演歌で、作詞は福井県の

レインボーライン山頂公園(梅丈岳)

レインボーライン山頂公園(梅丈岳)

福井県若狭町、三方五湖レインボーライン途中、三方五湖最大の水月湖と日本海の間、常神半島の付け根に位置する絶景の頂が梅丈岳(標高395m)。日本海と三方五湖を見下ろす定番のビューポイントで、別名「三方富士」とも呼ばれる秀峰です。山頂はレインボ

三方五湖レインボーライン

三方五湖レインボーライン

三方五湖は、三方湖(みかたこ)、水月湖(すいげつこ)、菅湖(すがこ)、久々子湖(くぐしこ)、日向湖(ひるがこ)の5つの湖。福井県道路公社が管理する三方五湖有料道路の愛称が三方五湖レインボーライン。眼下にする三方五湖が湖面の色も微妙に異なり、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ