旧飛田家住宅

旧飛田家住宅

茨城県古河市にある古河公方公園(古河総合公園)内の民家園に移築されているのが旧飛田家住宅。もともとは茨城県久慈郡金砂郷村(現・常陸太田市)にあった飛田徳有氏の家で、昭和50年に古河市に移築されています。18世紀前半の建築と推測される「曲屋」(まがりや)で、茨城県下の曲屋形式の農家では現存最古。国の重要文化財に指定されています。

茨城県下で現存最古の曲屋

L字型の突出部(南側)に厩(うまや)があり、西側に土間、中央には板の間、東北奥に部屋が配され、さらに東側には座敷と板の間が続いています。

曲屋(曲り家)は岩手県の遠野地方に代表される「南部曲り家」が有名ですが、冬の寒さが厳しい茨城県の常陸太田市、那珂市などにも分布しています。
旧飛田家住宅の建設年代である18世紀前半は、「南部曲り家」の設立時期(8世紀前半〜中盤)とも一致します。

名称 旧飛田家住宅/きゅうとびたけじゅうたく
所在地 茨城県古河市鴻巣1024
関連HP 古河市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR古河駅、東武新古河駅からタクシーで10分
ドライブで 圏央道境古河ICから約15km。東北自動車道久喜ICから約16km
駐車場 1000台/無料
問い合わせ 古河公方公園(古河総合公園) TEL:0280-47-1129
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
古河公方公園(古河総合公園)

古河公方公園(古河総合公園)

茨城県古河市にある25.2haの都市公園が古河公方公園(古河総合公園)。古河公方(こがくぼう)と呼ばれた関東足利氏の館跡、復元された御所沼を中心に、大賀ハスが咲く蓮池、徳源院跡、御所沼、古民家を移築した民家園(旧飛田家住宅・旧中山家住宅)、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ