古河公方公園(古河総合公園)

古河公方公園(古河総合公園)

茨城県古河市にある25.2haの都市公園が古河公方公園(古河総合公園)。古河公方(こがくぼう)と呼ばれた関東足利氏の館跡、復元された御所沼を中心に、大賀ハスが咲く蓮池、徳源院跡、御所沼、古民家を移築した民家園(旧飛田家住宅・旧中山家住宅)、芝生の広場、1500本の花桃が植えられた桃林などがあります。

蓮池には初夏に古代蓮が花をつける

桃林は、江戸時代に古河藩主・土井利勝(どいとしかつ)が桃の植樹を推奨したことに始まる「古河桃園」を再現したもので、例年3月下旬〜4月上旬にかけて『古河桃まつり』を開催。
燃料となる薪が乏しかったため、成長が早く、実を食することのできる桃が植栽されたもので、明治時代には、桃の花見列車が運行されたほど古河の桃は有名でした。

平成15年には、ユネスコとギリシャが主催する「文化景観の保護と管理に関するメリナ・メルクーリ国際賞」を日本国内で初受賞しています。

古河公方館跡周辺がイヌシデやコナラが植栽された「公方様の森」、その森を取り囲んで、御所沼が復元されています。
古河公方館跡には、濠と土塁が現存。
桃林の一角にある徳源院跡は、「古河公方足利義氏墓所」として茨城県の史跡になっています。
徳源院は、5代古河公方足利義氏の息女・氏女(うじひめ)の法号で、開山は夢窓国師あるいは大円国師とも伝えられる名刹の跡。

御所沼には戦前、ジュンサイが生育し、東京の料亭に出荷されたほどでした。

その北側に渡良瀬川の堤防と同じ高さである22mの築山、富士見塚が配され、大賀蓮池(大賀ハスは千葉市から移植したもの)と桃林が広がっています。

古河公方公園(古河総合公園)内の民家園に移築された旧中山家住宅は、茨城県岩井市(現・坂東市)から移築されたもので、茨城県の文化財に指定。
旧飛田家住宅は、久慈郡金砂郷村(現・常陸太田市)からの移築で、国の重要文化財に指定されています。

名称 古河公方公園(古河総合公園)/こがくぼうこうえん(こがそうごうこうえん)
所在地 茨城県古河市鴻巣399-1
関連HP 古河公方公園(古河総合公園)公式ホームページ
電車・バスで JR古河駅、東武新古河駅からタクシーで10分
ドライブで 圏央道境古河ICから約15km。東北自動車道久喜ICから約16km
駐車場 1000台/無料
問い合わせ TEL:0280-47-1129
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
古河公方館跡

古河公方館跡

茨城県古河市鴻巣にある中世の城館跡が古河公方館跡(こがくぼうやかたあと)。享徳4年(1455年)、初代の古河公方、足利成氏(あしかがしげうじ)が築いた館で、現在は、古河公方公園(古河総合公園)として整備された一角にあり、三方を囲んだ御所沼も

旧飛田家住宅

旧飛田家住宅

茨城県古河市にある古河公方公園(古河総合公園)内の民家園に移築されているのが旧飛田家住宅。もともとは茨城県久慈郡金砂郷村(現・常陸太田市)にあった飛田徳有氏の家で、昭和50年に古河市に移築されています。18世紀前半の建築と推測される「曲屋」

古河桃まつり

古河桃まつり|古河市

毎年3月20日~4月5日9:00〜17:00、茨城県古河市(こがし)の古河総合公園で『古河桃まつり』が開催されます。江戸時代に古河藩主・土井利勝(どいとしかつ)が、領地に桃を植えさせたことに由来する古河の桃。昭和50年、古河総合公園の開園に

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ