種差海岸

八戸市東部にある海岸でここから北の下北半島にかけては砂浜、南の三陸海岸は断崖絶壁のリアス式で、ちょうど中間的な光景が展開するのが種差海岸。しかも海岸段丘の上は天然の芝生が広がり、司馬遼太郎は「どこかの天体から人がきて地球の美しさを教えてやらねばならないはめになったとき、一番にこの種差海岸に案内してやろう」と絶賛。

海岸台地の上は芝の草原

岩礁海岸、砂浜海岸、海食海岸など多様な地形が続き、周辺約880haは国の名勝に指定。
650種にも及ぶ山野草が春から秋にかけて咲き、階上岳(はしかみだけ)などとともに三陸復興国立公園に指定されています。
また、美しい白浜が続くことから「日本の白砂青松100選」にも選定、三陸ジオパークのジオサイトにもなっています。
種差海岸遊歩道は「遊歩百選」となっています。

ハマナス、ツリガネニンジン、エゾフウロ、エゾカワラナデシコ、エゾノシシウドと北海道の原生花園を思わすような花が海岸を彩ります。
種差(たねさし)という地名は、アイヌ語のタンネ・エサウシ(tanne-esausi=長い・岬)に由来するという説もありますが、定かでありません。

天然の芝生が広がるのは、かつてここが名産の南部馬の放牧地だったから。
東山魁夷が『道』を描いたことで有名ですが、多くの画家も十和田湖以上に絵になる風景としています。

種差天然芝生地に隣接して「種差海岸インフォメーションセンター」があり、三陸復興国立公園の種差海岸・階上岳エリアのビジターセンターになっています。


 

種差海岸 DATA

名称 種差海岸/たねさしかいがん
所在地 青森県八戸市鮫町
関連HP 八戸市観光Navi
種差海岸インフォメーションセンター
電車・バスで JR種差海岸駅から徒歩5分
ドライブで 八戸自動車道八戸ICから約13km(30分)
駐車場 68台(種差海岸インフォメーションセンター駐車場)/無料
問い合わせ 八戸市観光課TEL:0178-46-4040/FAX:0178-46-5600
種差海岸インフォメーションセンターTEL:0178-51-8500/FAX:0178-51-8501

葦毛崎展望台

2017年7月12日

東山魁夷『道』の碑

2017年7月12日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ