旧青木家那須別邸(とちぎ明治の森記念館)

旧青木家那須別邸(とちぎ明治の森記念館)

明治22年、第1次山縣内閣の外務大臣に就任した対英条約改正交渉(不平等条約の是正)を行ない、駐独公使、駐イギリス公使としても活躍した青木周藏(あおきしゅうぞう)が、那須高原(現・那須塩原市)に築いた別荘が旧青木家那須別邸。道の駅明治の森・黒磯の敷地内にあり、「とちぎ明治の森記念館」として公開されています。国の重要文化財。

青木周蔵の大牧場の中心的な存在だった別荘

旧青木家那須別邸(とちぎ明治の森記念館)
旧青木家那須別邸(とちぎ明治の森記念館)

明治21年に那須高原に築いた青木周藏の別荘。
外壁は、鱗形のスレートで覆われています。
当初は中央の2階建ての部分(中央棟)だけでしたが、明治42年に両脇(西棟、東棟)と中央棟屋上の物見台を増築しています。

外交官・青木周蔵が当時、那須野ヶ原と呼ばれた火山灰土の高原に別荘を構えたのは、明治時代の殖産興業政策に基づきに明治14年に林業を目的として大農場(青木農場)の開いていたから。
青木農場は1580町歩(1571ha)、東京ディズニーランド30倍の面積を有する大農場だったのです。
その農場のほぼ中央に築いた農場管理を兼ねた別荘が、現存する旧青木家那須別邸(とちぎ明治の森記念館)です。
青木周蔵は、この別荘を基地にして、ドイツ式の森林牧場経営を取り入れ、鹿などの放牧を実践しました。

明治13年~18年頃には、殖産興業を目的に、那須野ヶ原には千本松牧場(松方正義が開場したアメリカ式の農場)など、数多くの華族農場が開かれていました。

ドイツで設計を学んだ松ヶ崎萬長の建てたドイツ風洋館

旧青木家那須別邸(とちぎ明治の森記念館)
旧青木家那須別邸(とちぎ明治の森記念館)

設計者の松ヶ崎萬長(まつがさきつむなが)は、岩倉使節団とともに留学生としてドイツに渡り、ベルリン工科大学などで建築学を学び(ドイツ滞在中に青木周蔵の協力を得ています)、軸組や小屋組など、ドイツスタイルの建築を特異としていました。
松ヶ崎萬長は、建築家としては唯一爵位(男爵)を授けられた人物です。

台北の近代化を象徴する西洋式高級ホテルの台湾鉄道ホテル(明治41年築)、七十七銀行本店(明治36年築、跡地は日本銀行仙台支店)などを設計した松ヶ崎萬長ですが、国内に残る建築物はこの旧青木家那須別邸が唯一です。

昭和40年代までは青木家の別荘として使用され、栃木県に寄贈後、平成8年に解体調査が行なわれ、平成10年に南東側50mに移転して復元しています。

平成22年公開の映画『NECK』(主演:相武紗季、監督:白川士)、平成29年放送の日本テレビ系「日曜ドラマ」の『フランケンシュタインの恋』(主演:綾野剛)のロケ地にもなっています。

旧青木家那須別邸(とちぎ明治の森記念館)
旧青木家那須別邸(とちぎ明治の森記念館)
 

旧青木家那須別邸(とちぎ明治の森記念館) DATA

名称 旧青木家那須別邸(とちぎ明治の森記念館)/きゅうあおきけなすべってい(とちぎめいじのもりきねんかん)
所在地 栃木県那須塩原市青木27
関連HP 那須塩原市公式ホームページ
電車・バスで JR宇都宮線黒磯駅から東野バス板室温泉方面行きで青木別邸下車
ドライブで 東北自動車道那須ICから約9.5km
駐車場 道の駅明治の森・黒磯駐車場(33台/無料)
問い合わせ 那須塩原市教育部生涯学習課 TEL:0287-37-5364
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

山縣有朋記念館

2018.12.06

大山記念館洋館

2018.12.06

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ