高木会館(旧黒磯銀行本店)

高木会館(旧黒磯銀行本店)

大正7年に黒磯駅前(現・那須塩原市)に建てられた黒磯銀行本店。黒磯初の石造りの銀行建築で、外壁は正面が芦野石、他は大谷石でできています。石積みを基調としていますが、おしゃれなアーチ型飾り、櫛形風ペディメントを備えています。国の登録有形文化財に指定される建物は、高木会館として再生され、1階はレストランになっています。

黒磯駅前のシンボル的な存在

高木会館(旧黒磯銀行本店)
高木会館(旧黒磯銀行本店)

大正元年には、東那須野村から独立して黒磯町誕生。
大正3年には黒磯~那須間に乗合自動車も運行を開始

そんな黒磯の発展を背景に、黒磯銀行は、大正7年9月に開業しています。
頭取は、黒磯駅前の事業家である高木慶三郎で、昭和6年の黒磯駅前大火(140戸を焼失)からも守られた防火建築です。
洋館というよりも、和洋折衷のデザインで、栃木らしい石造りの建物が目を引きます。

昭和10年に銀行を廃業し、黒磯興業株式会社を起こして昭和25年まで営業していました。
戦後は、高木一族が会館として使用してきました。

中央上部のアーチ部分にあるマークは、黒磯銀行の社章のレリーフです。
館内には格天井や幅90cmの回り階段などが現存しています。

1階で営業するのは、那須御養卵を使ったオムライスなどが人気の「カフェ・ド・グランボワ」。
 

高木会館(旧黒磯銀行本店) DATA

名称 高木会館(旧黒磯銀行本店)/たかぎかいかん(きゅうくろいそぎんこうほんてん)
所在地 栃木県那須塩原市本町5-19
関連HP 那須塩原市公式ホームページ
電車・バスで JR黒磯駅から徒歩5分
ドライブで 東北自動車道那須ICから約5km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 教育部生涯学習課文化振興係 TEL:0287-37-5419/FAX:0287-37-5479
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ