北浦橋梁

北浦橋梁

茨城県潮来市・鹿嶋市、JR鹿島線の延方駅〜鹿島神宮駅間の北浦を渡る全長1236mの橋が、北浦橋梁。昭和45年8月20日、鹿島線の開業時に架橋された鉄道橋で、かつては特急「あやめ」が橋を渡る姿がありましたが、現在では各駅停車と貨物列車のみとなっています。

北浦に架る鹿島線のプレートガーター橋

北浦橋梁

日本鉄道建設公団が、鹿島臨海工業地帯の開発に合わせ、列車の高速運転や貨物輸送に対応するため、直線・高規格仕様の橋が築いたのが、北浦橋梁。
トラスのないプレートガーター橋(桁橋)のため、列車を邪魔するものがなく、被写体にも絶好です。

撮り鉄の狙いは、臨時列車や長大編成の貨物列車。
「Nゲージの橋キットのよう」と由良川橋梁(京都丹後鉄道宮舞線/京都府舞鶴市・宮津市)に並ぶ人気スポットになっています。
茨城県屈指の絶景スポットともいわれ、鹿島神宮とセットでこの地を訪れるツアーが組まれるほど。

強風時には速度制限、あるいは運転休止となる場合も。

撮影スポット(お立ち台)は、延方駅から徒歩15分の北浦築堤。
北浦西岸の堤防道路の脇が撮影ポイントになっています。
近隣に駐車場はなく、車利用の場合も延方駅前に車を駐め、徒歩で移動。

北浦橋梁
北浦橋梁
名称 北浦橋梁/きたうらきょうりょう
所在地 茨城県潮来市洲崎3899〜鹿嶋市大船津
電車・バスで JR延方駅から徒歩15分で撮影ポイント
ドライブで 東関東自動車道潮来ICから約3km
駐車場 JR延方駅周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
北浦

北浦

日本第2位の巨大な湖、霞ヶ浦(湖面面積220平方キロ)を構成する茨城県にある湖が北浦。霞ヶ浦の大部分は中心となる西浦(湖面面積172平方キロ)ですが、北浦は独立した湖で湖面面積36平方キロで国内第15位の大きさになっています。もともと海跡湖

由良川橋梁

由良川橋梁

京都府宮津市と舞鶴市の境を流れる由良川河口に架る京都丹後鉄道宮舞線の鉄道橋が、由良川橋梁(ゆらがわきょうりょう)。大正13年に完成した橋長550mのプレートガーダー橋で、鹿島線の北浦橋梁(茨城県)とともに、水に浮くようなアングルで列車が撮影

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ