【南魚沼・十日町取材レポート】No.9 今成漬物店

今成漬物店

越後(新潟県)の銘酒として名高い「八海山」。まさに八海山の麓の名水を使って醸される、酒と米のおいしい新潟を代表する日本酒ですが、その酒粕を使い、昔ながらの手間ひまかけた粕漬けをつくるのが、六日町市街地(南魚沼市)にある今成漬物店です。

「これは美味しい!」と取材班15名、一同に絶賛!

地元の契約農家で栽培される野菜、そしてこれまた契約したプロフェッショナルの採ってくる山菜を使い、吟醸酒の酒粕を寝かしたものに、3度漬け替えをして、粕漬けを作り上げています。

家族経営の店なので、まずは店に行って購入が基本(ネットでの販売もありません)。
「美味しい物、ホンモノの味は、足で探さなければ見つからない」という取材の基本を裏付けるような店です。

発酵食品が注目される昨今ですが、昔ながらのホンモノの粕漬けを、ぜひ一度あ試しあれ!

画像は、平成30年3月13日〜15日に行なわれた「#いいね新潟 南魚沼・十日町取材会」の参加メンバーによるツイッターをまとめたものです。
 

今成漬物店 DATA

名称 今成漬物店/いまなりつけものてん
所在地 新潟県南魚沼市六日町1850-1
電車・バスで JR・北越急行ほくほく線六日町駅から徒歩8分
ドライブで 関越自動車道六日町ICから約2.8km
問い合わせ TEL:025-772-2015
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

今成漬物店

2018.05.22
 
取材協力/今成漬物店、新潟県観光協会、雪国観光圏

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ