石崎奉燈祭|七尾市

石崎奉燈祭

毎年8月第1土曜、石川県七尾市で能登のキリコ祭りの横綱といわれる『石崎奉燈祭』(地元では=いっさきほうとうまつり)を開催。石崎八幡神社の奉納祭(祭礼)。漁師町石崎の海の男たちがねじり鉢巻に地下足袋、きつく締めたサラシにお守りを携え、威勢のいいかけ声で大奉燈(キリコ)を担いで練り歩きます。

堂前広場での大奉燈の乱舞競演は豪快

高さ15m、幅3m、重さ2tの大奉燈を100人で担ぎますが、その統制ぶりは必見の価値があります。
「サッカサイ、サカサッサイ、イヤサカサー」と威勢のよい掛け声とともに町内を練り歩きます。
夜には奉燈に灯火が献じられ、奉燈の胴体部に記された豪快な武者絵や大書の墨字が闇の中に浮かびあがり幻想的。
堂前広場での6基の大奉燈の乱舞競演は豪快。
建ち並ぶ家々の軒先をかすめて進む様は迫力満点。

『石崎奉燈祭』は、もともとは石崎八幡神社の納涼祭で、明治22年、網大工が奥能登から古い「キリコ」を移入して始まったといわれています。
能登に数多く点在するキリコ祭りは京・祇園祭の流れを汲み、石崎奉燈祭も平成7年まで京・祇園社(現在の八坂神社)の例祭日にあたる旧暦6月15日に行なっていました。

日本遺産「灯り舞う半島 能登 〜熱狂のキリコ祭り〜」の構成資産にもなっています。

石崎八幡神社の創立年代は不詳ですが、元慶年間(877年~885年)に京の石清水八幡宮から分霊を勧請したと伝えられる古社。
明治に村社となり、昭和18年に西宮神社を合併しています。

石崎奉燈祭
石崎奉燈祭|七尾市
開催日時 毎年8月第1土曜
所在地 石川県七尾市石崎町
場所 石崎八幡神社
関連HP ななお・なかのとDMO(旧七尾市観光協会)公式ホームページ
電車・バスで JR和倉温泉駅下車徒歩すぐ
ドライブで のと里山海道和倉IC
駐車場 あり
問い合わせ 七尾市観光交流課 TEL:0767-53-8424
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
名舟大祭(御陣乗太鼓)

名舟大祭(御陣乗太鼓)|輪島市

毎年7月31日~8月1日、石川県輪島市で『名舟大祭(御陣乗太鼓)』が行なわれます。輪島市名舟町は御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)の発祥地。天正5年(1577年)、上杉謙信の能登攻略の際、古老の一計で、奇妙な面を付け、陣太鼓を打ち鳴らし上杉軍に

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ