山崎のコンセイサマ

山崎コンセイサマ

柳田國男の『遠野物語』にも登場する岩手県遠野市の山崎地区金勢神社にあるコンセイサマ(金精様、金勢様)が山崎コンセイサマ。五穀豊穣と子授け、馬の息災の神様として地元の人の篤い信仰を集めています。婦人の腰の病気に効くともいわれ、タワシで磨くと快癒するとか。花崗岩でできた御神体は高さ1.5mという巨大さです。

金勢神社社殿の中にもコンセイサマが!

山崎コンセイサマ

現在社殿の中に祀られたコンセイサマは、昭和47年に砂防工事現場で発見された岩を使っています。
今後、さらに立派なものが発見されれば、代わってここに鎮座することになるのだとか。
つまり大きいほど徳も大きいとされているのです。
毎年5月5日にはお祓いをした後に、女性数人が男性の神様をキレイに拭くという『山崎金勢様まつり』も開催されています。

背後の山頂の賽の河原と一対にして、 中世の人々は「死と再生」の地上曼荼羅(ちじょうまんだら)をここにつくっていたのだと推測できます。

なお、金勢神社境内には周辺から集められた露座のコンセイサマが多数ありますが、明治の神仏分離、廃仏毀釈の際に修験道・陰陽道など神仏習合系教派が軒並み禁止となり、性神信仰などの民間信仰も淫祠邪教(いんしじゃきょう)の代表格として破却され、山崎のコンセイサマも長らくの間、不在だったのです。

柳田國男の『遠野物語』(十六話)には、「コンセサマを祭れる家も少なからず。此神の神体はオコマサマとよま似たり。オコマサマの社は里に多くあり。石又は木にて男の物を作りて捧ぐる也。今は追々とその事少なくなれり。」と記されています。

名称 山崎のコンセイサマ/やまざきのこんせいさま
所在地 岩手県遠野市土淵町栃内山崎
関連HP 遠野市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR遠野駅からタクシーで12分
ドライブで 釜石自動車道遠野ICから約13km
駐車場 20台/無料
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
続石

続石

岩手県釜石市の釜石と遠野を結んだ旧釜石街道沿いの山中にある不思議な巨石が続石。巨大な岩がまるで鳥居のように積み上げられています。台石は高さが2m、上に乗った笠石は、幅7m、奥行き5m、厚さ2mの巨岩。台石の間を人がくぐることも可能で、柳田國

カッパ淵

カッパ淵

柳田國男が『遠野物語』で様々なカッパの伝承を紹介し、「カッパのふるさと」のイメージが強い岩手県遠野市。なかでも代表的な景勝地がカッパ淵。康平元年(1058年)創建という遠野の古刹、常堅寺(じょうけんじ)の脇に流れる川が足洗川で、その本堂裏手

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ